エレベーター引越し

 
引越し料金が意外と細かく設定されているのはご存知の方も多いですが、その中にエレベーターは含まれているのか気になっている方もいるはずです。
 

今回は、引越しする時に覚えておきたい、エレベーターの有無での料金についてご紹介します。
 

エレベーターがなければ引越し料金は割高になる?

マンションのエレベーターの設置状況は?

基本的には、エレベーターの設置基準は階数ではなく、建物の高さに準じています。
 

それを元に考えると、通常「高層住宅」と呼ばれる6階以上のマンションには、エレベーターが設置するように国土交通省(旧建設省)による「長寿社会対応住宅設計指針」で決められています。
 

また、「中層住宅」である3階~5階建てのマンションでもエレベーターの設置が奨励されています。条例のレベルでは、5階以上のマンションの多くにエレベーターが設置されている状況です。
 

階数によって引越し料金は高くなる

エレベーターの無いマンションに引越しをする場合、その料金は高くなります。多くの引越し業者が実際に料金を高く設定する階数は、3階以上の住宅です。
 

ですから、3階以上のマンションなどに引越しを考えている際には、エレベーターが設置されているかいないかで料金に差が生まれます。
 
参考記事::マンションの階数によって引越し料金が違う?何階から高くなるの?

差額はどのくらい?

ほとんどの引越し業者は、1階ごとに「1,000円~2,000円」の料金が加算されます。大きな金額ではないですが、安く引越し費用を抑えたい方にとっては、気になる出費になります。
 

ですから、エレベーター付きの5階建てのマンションとエレベーターが付いてない5階のマンションでは、引越し料金に差が出るケースが多いので注意して下さい。
 

全ての引越し業者が高くなる訳でもない

全ての引越し業者が階数によって追加の料金を設定している訳ではありません。階数による追加の料金を設定していない業者もあります。
 

後になって、追加の料金が発生する事を知ってトラブルに発展しないように、問い合わせするまたは、見積もりの段階でしっかり確認するようにして下さい。
 

エレベーターがないとなぜ引越し料金が高くなるの?

 

荷物の搬入が大変

例えばちょっとした買い物の荷物でも、階段で4階や5階にまで運ぶのは大変です。引越しの荷物は買い物の荷物以上に重さのある物ばかりです。
 

それを1回だけではなく、何回も繰り返す必要があるのでその分料金設定が高くなります。
 

人件費がかかる

エレベーターがあれば、1人でできる作業もエレベーターがないために、数人必要になる事があります。その場合、スタッフの人数を通常より増やさなければならないため、その分人件費がかかります。
 

時間もかかる

エレベーターより階段を使った荷物の運搬は、当然時間がかかります。時間がかかれば、それだけ料金にも反映されてしまいます。
 

保険料も高くなる

引越し業者は、荷物の破損などに備えて保険に加入しています。
 

階段での引越し作業は、エレベーターより荷物の破損の危険性が高くなるため、引越し作業は、それに合わせて高い保険料を支払うため、引越し料金もプラスされます。
 

新居だけではない!旧居も注意

旧居もエレベーターがなければ高くなる

エレベーターのある無しの料金の差は新居だけではありません。
 

旧居のマンションなどにエレベーターが付いていない場合も、3階以上の中層階は追加料金が発生する場合が多いので、注意が必要です。
 

エレベーターもなくて階段も狭い物件

もし、旧居や新居がエレベーターも無く、加えて階段も狭い物件の場合は、さらに注意が必要です。
 

大型の家具などの搬出・搬入ができない

単身であれば、そこまで大きな家具や家電はないですが、家族単位での引越しはそうはいきません。タンスにベッドに大型TVや大型の冷蔵庫など、大きな荷物がたくさんあります。
 

階段にある程度の広さがあれば、荷物の搬入には問題ありませんが、その頼みの綱の階段の幅が狭い場合は荷物の搬出や搬入ができません。
 

クレーンなどを使用する

荷物の搬出や搬入ができないから、引越しができないでは困ります。そこで、多くの引越し業者はクレーンを使います。
 

クレーンを使用して、ベランダもしくは大きな窓から荷物を搬出したり、搬入したりして対応します。そのクレーンにかかる費用も追加されるので、引越し料金は高くなってしまいます。
 

エレベーターが狭い場合

いくらエレベーターが設置されていても、小さくて大型の荷物が入らない場合があります。この際は階段を使用したり、場合によってはクレーンが必要な事もあります。
 

エレベーターがあったとしても追加料金が発生する可能性があります。ですから、あらかじめエレベーターのサイズなども分かっていると、引越し当日に慌てずに済みます。
 

引越しのパックの内容を確認する

パックの料金に既に含まれている

引越し業者によっては、決められた階まではエレベーターが無くても追加料金を請求しない事があります。また、全てパックに含まれている場合もあります。
 

つまり引越し業者によって、追加料金が発生るのかしないのかはバラつきがあります。
 

引越し業者に確認する

引越し業者がエレベーターの有無に関して、追加料金を設定しているかどうかは確認するのが1番早いです。
 

実際に問い合せしてみないと詳しい事は分かりませんし、料金も一律決まっている訳ではないので、多少は業者によって差があるからです。
 

クレーンが必要なケースでもクレーンの準備ができない業者もあるので、それも含めて詳しく確認してみて下さい。
 

見積もりを取ってしっかり比べるのが安くするコツ

引越し料金安く

 
エレベーターがないマンションの引越しでも引越し費用をできるだけ安くする方法は、見積もりです。引越し業者はそれぞれ細かく作業内容やそれに伴う料金を決めています。
 

そのため、見積もりを1つではなく多くの引越し業者に依頼すると、同じ引越し内容でも料金の違いが分かります。
 

その見積もりを比べれば、1番安い業者や作業内容までしっかり比較してお得な引越しが可能になります。
 

一括見積は便利で簡単

引越し見積はあればあるだけ比較検討には有効ですが、それには労力が必要です。何社も見積もり依頼をするのは大変な手間になります。そんな時に便利なのは「一括見積もりサイト」です。
 

一括見積もりサイトに必要な項目を入力して送信するだけで、それぞれの引越し業者が最短で当日に見積もりをメールなどで連絡してれます。
 

これを利用すれば家で簡単に最安値の引越し業者が分かります。
 

 

引越し費用を節約する方法を確認

一括見積もりで簡単に引越し費用の節約ができますが、その他にも自分でできる方法があります。
 

荷物を減らす

引越しは荷物の量が多ければその分、人件費などの点から料金が高くなります。不要な物を処分するだけで、引越し費用は安くなります。
 

フリー便を利用する

時間の指定ができないフリー便を活用すると大幅な割引を受けられます。ですが、フリー便には、時間が読めないなどの注意点もあります。
 

繁忙期を避ける

引越し業界の繁忙期は3月~4月の引越しが増える時期やお子さんの長期の休み、年末になります。その時期は引越し料金が割高になるので、その時期を避けると割引なども受けられて安く済みます。
 

土日や祝日を避ける

休みの方が多い土日や祝日は、否応なしに引越しが集中してしまいます。引越し業者は忙しい日はスタッフを増やしたりトラックの稼働を増やすため、引越し費用が割高に設定します。
 

また、値引きもあまりない場合もあります。休みの調整が可能であれば、平日の方が引越し費用は抑えられます。
 

オプションを吟味する

引越しの際の便利なオプションは有料です。非常に助かる作業ばかりなので、ついついお願いしたくなる気持ちは分かります。
 

ですが、これらのオプション本当に必要か、自分でできる作業もあると吟味して依頼するだけでも大幅な節約になります。
 

まとめ

3階以上のマンションなどの引越しはエレベーターが無ければ追加料金がかかります。
 

これは旧居も新居も該当するので、エレベーターの無い5階のマンションからエレベーターの無い5階のマンションの場合、引越し費用に大きな差が生まれてしまう事があります。
 

ですが、見積もりを取ったり細かい作業で引越し費用の節約は可能です。あきらめずになるべくお得に引越しする方法を試して下さい。