引越し一人暮らし挨拶

単身者の引越し挨拶のポイントを押さえて安心生活を始めましょう大学への進学や就職に伴って一人暮らしを始める方は非常に多いです。
 

一人暮らしの場合のほとんどは賃貸への引越しになりますが、引越しに付き物とも言われる「挨拶」にはいくつかポイントがあります。
 

今回は家族で引越しとは少し事情が違う「一人暮らしのための引越し挨拶」についてご紹介します。
 

そもそも挨拶は必要なの?

当たり前のように行く方も多い引越し挨拶ですが、これは必要なのでしょうか?
 

家族での引越し、特に一軒家の場合は、引越しの挨拶のために近所を回るのは常識と言えますが、一人暮らしだとその常識は少し変わってきているのも確かです。
 

一人暮らしの引越し挨拶の実態

引越し挨拶は、常識とされていますが、時代の変化に伴ってその習慣は変わりつつあるのも事実です。
 

引越し挨拶の実態はと言うと、意外にも「挨拶はしない」方が増えています。
 

昔とは違い、現代は人間関係の気薄さが影響していて、それはファミリー物件よりも単身者の物件で顕著に表れています。
 

実は危険!女性の一人暮らしの引越し挨拶

一人暮らしをしている女性の場合は、単純に「挨拶は面倒、必要ない」と言う理由だけではありません。
 

そこには女性特有の危険性が潜んでいます。
 

ストーカーなどの危険性

やはり1番気になるのは、一人暮らしの女性はストーカーなどに狙われる心配が増えます。
 

挨拶に行って、目を付けられてしまう可能性もあるため挨拶を控える方も多いです。
 

防犯上の問題

女性の一人暮らしだと、洗濯物、特に下着が盗まれるなどの犯罪に巻き込まれるケースも多いです。
 

男性が一緒の部屋より盗みやすい、もし見つかっても簡単に逃げられるなどハードルが低いと感じる犯罪者もいます。
 

一人暮らしとは伝えない

もし挨拶に行く場合は、わざわざ「私は一人暮らしです」と宣伝する必要はありません。
 

「今度○○○号室に引越してきた△△です。よろしくお願いします。」とだけ伝えるだけで良いでしょう。
 

男性でも注意は必要

今の時代、男性だから安心と言う訳でもありません。ストーカー行為を受ける男性も大勢います。
 

男性でも用心するに越した事はありませんので、挨拶をする際には余計な事は言わない方が無難です。
 

危険性ばかりではない!一人暮らしの引越し挨拶のメリット

一人暮らしの引越し挨拶は、危険性のようなデメリットばかりではありません。昔から「遠い親戚より近くの他人」と言われています。
 

一人暮らしをしていて、隣の方などと普段から顔を合わせれば挨拶をしたり、少し会話を交わすような間柄になっておくと、震災などに見舞われた時などに助け合う事が出来ます。
 

また、万が一部屋に居る時にケガや急病になって身動きが取れなくなった場合や、事件に巻き込まれて部屋に帰れない時でも「あれ?最近見かけないけどどうしたのかな?」と気づいてもらえる事もあります。
 

一人暮らしの引越し挨拶のポイント

単に一人暮らしの引越しと言っても、その形態はさまざまあります。それぞれのケースに応じてポイントをまとめました。
 

都心

都心の一人暮らしの場合は、「引越し挨拶は行かない」と言う方が目立ちます。
 

その理由としては

  • 賃貸は出入りが激しい
  • 来られた方も困る
  • 居留守を使われた

 
など、「行っても無駄」と感じられるからです。
 

寂しいと感じるかもしれませんが、これも世の中の流れだと理解して、無理に行く必要はありません。
 

地方

都心と違い地方を比べると、地方ではご近所付き合いは多いです。
 

一軒家で引越しの場合は挨拶は必須のように思われますが、やはり一人暮らしであれば都心と同様に無理して挨拶に行く必要はありません。
 

防犯上の問題を考えると、確かに都心よりは危険性は低いかもしれませんが、安全だと言える訳でもないので、気を付けるに越した事はありません。
 

ファミリー物件

ファミリー物件への引越しなら、女性の一人暮らしでも比較的安心して挨拶に行けますし、挨拶をしておきましょう。
 

ストーカーや一人暮らしだからと目を付けられる可能性も低いですし、お隣さんとしてちょっとした会話を交わすなど良い関係が築けるケースもあります。
 

とは言え、あまり自分の私生活が相手にまる分かりになるような会話は避けた方が無難です。
 

単身者物件

自分同様に単身者ばかりが済んでいる物件に引越した際は、挨拶は控えても良いでしょう。
 

やはり防犯上の心配もありますし、時間帯が合わなくて挨拶に行ってもいなかったり、居留守を使われるケースもあります。
 

何かあった時に自分が疑われるのも面倒だと考えて、接点を持たないようにする方もいるかもしれません。
 

大家さんや管理人さんに聞いてみる

挨拶に行った方が良いのか必要がないのか、迷ってしまったら大家さんや管理人さん、管理会社の方に聞いてみましょう。
 

特に大家さんや管理人さんは、他の住人の方の情報を持っています。個人情報を聞き出すことは出来ませんが、挨拶の必要性ぐらいは教えてもらえます。
 

中には大家さんや管理人さんに前もって「引越しの挨拶は必要ありません」と伝えている方もいるかもしれませんので、手っ取り早い方法と言えます。
 

その際に、自分も引越しの挨拶は控えて欲しいと思ったら「今度誰かかが引越してきても挨拶は必要ありません」と伝えておくのも一案です。
 

行くと決めたらどの範囲まで何時頃に挨拶に行けばいいの?

もし挨拶に行くなら、どの範囲にいつまでに行けばいいのでしょうか。
 

範囲

まず、「両隣」は基本です、さらに「上下」も行くと完璧です。
 

お子さんがいるファミリーとは違い、一人暮らしは騒音の問題は少ないとは思いますが、仕事や遊びで帰りが遅くなった時など音が響いてしまう可能性も捨てきれないので、上下の方にも挨拶しておきましょう。
 

時間

朝早くや夜遅くは相手にも失礼になります。
 

引越しの挨拶は日中、または夕方までには済ませたいですが、一人暮らしの方はほとんど仕事をしているので、休みでもない限りなかなかこの時間帯に行くのは難しいとは思いますが、夜の7時頃までを目安に行きましょう。
 

留守の場合

留守の場合は、しつこく何回も行かないで、手土産にメモを添えてドアにかけておくのも良いでしょう。
 

挨拶の手土産は忘れずに!

挨拶に行く時は、手ぶらでは失礼になりますので、ちょっとした手土産を持って行きます。
 

相場

あまり高価な物は貰った方も迷惑です。相場としては、500円~1,000円を目安にしましょう。
 

品物

どんな手土産を持って行けば良いのか迷ってしまいますが、基本的に「日用品」と呼ばれるような物がおススメです。
 

具体的に言えば、

  • タオル
  • テッシュやトイレットペーパー
  • ラップ類
  • 日持ちのするお菓子

 
などです。
 

その日が賞味期限のような日持ちのしないお菓子などは避けて、相手の家族構成などに関係ない日用品を選んで持って行きましょう。
 

まとめ

ファミリーでの引越しに比べて一人暮らしの引越し挨拶は無理に行く必要はないケースもあります。
 

地域や物件などによっても変わりますので、臨機応変に考える必要があります。分からない時は遠慮せずに大家さんや管理人さんに相談してみましょう。
 

また、挨拶をする際はマナーを守って、相手に良い印象を与えられるように心掛けてみて下さい。

 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法