引越しの理由は、家を建てた、転勤、進学ばかりではありません。人によって理由はさまざまです。中には「今すぐにでも引越しをしなければいけない」と言う場合もあります。
 

引越し業者は早めに予約するイメージも強いですが、急な引越しにも対応してくれるのか気になる方も多いと思います。今回は、急な引越しについて、相場や安くできる方法についてもご紹介します。
 

 

 

みんなの急な引越しの理由は?

引越しは1ヶ月くらい前から徐々に準備するのが一般的ですが、人には止むに止まれぬ事情が出る事もあります。
 

これは他人事、自分には関係ないと思われがちですが、特に賃貸住宅で生活している方は、起こり得ます。
 

身の危険を感じる

最近はストーカー被害を受けている方が昔より大勢います。いつの間にかストーカー行為を受けるようになってしまって、なるべく早く出ていきたいと考える方もいます。
 

その他にも隣の部屋の人とのトラブルなど、自分の身に危険が及んでいる場合は、すぐにでも引越したくなるのは当然です。
 

実家に引越す必要がある

実家の両親に不幸があったり、家の事情が起こる可能性もあります。
 

実家が事業をしていたり、商売をしている場合は、特に急を要するケースもあります。
 

大家さんの都合

大家さんの都合で、アパートなどの土地を更地にする必要が出る事もあります。通常、大家さんは半年など数ヶ月前までに住人に連絡する義務があります。
 

また、理不尽な場合は「立ち退き料」の請求も可能なので、腑に落ちない時は遠慮せずに確認してみて下さい。
 

老朽化などで退去命令が出た

アパートなどの賃貸住宅で、検査を行った結果、酷い老朽化や欠陥が発覚した場合、急に引越さなければいけなくなる可能性があります。
 

このような事態でも「立ち退き料」や「補償」が支払われる可能性は高いです。忘れずに確認して下さい。
 

このように、自分では意図しなくても不可抗力によって急に引越しを余儀なくされる事はあります。決して他人ごとではありません。
 

業者は急な引越しはできるの?

taimingu

普通なら引越しは1ヵ月程度前から準備を始めるものです。それが、1週間前や前日、当日など相当切羽詰まった状態でも行ってくれるのでしょうか。
 

基本的に、トラックやスタッフさえ余裕があれば、1日前や2日前、当日でも引越し作業は行ってくれます。余裕があるのかないのかについては、時間がもったいないので直接引越し業者に問い合わせてみて下さい。
 

1週間前であれば、ある程度は時間があるので、いくつかの引越し業者から見積もりを取る事も可能です。限られた時間の中でもできるだけ費用は安く済ませられるようにしましょう。
 

急な引越しはある程度の我慢も必要

急な引越しは、通常の引越しのように時間に余裕がありません。時には引越し業者に無理を強いる事もあります。そのため、ある程度の我慢もしなければなりません。
 

引越し業者に合わせる

特に、1日前や当日に引越し依頼をしたら、作業を行う時間帯については引越し業者に合わせる必要があります。本当は午前便が良かったとしても、午後便で我慢しなければなりません。
 

その他にも、女性だけのスタッフが良かったなど細かいオプションは間に合わない事もあります。
 

料金が割高でも仕方ない

急であればあるほど、割引交渉する時間がありません。また、サービス内容によっては、早割などの割引サービスは受けられません。そのため、準備万端の引越しよりも割高になってしまいます。
 

さらには、引越し業者の中には、「この人は急いでいるから多少料金が高くても大丈夫だろう」と思われてしまう可能性があります。
 

急な引越しでも料金を安くする方法

引越し料金安く

 

急な引越しは料金が割高になりやすくても、安くする方法はあります。
 

荷物は少なくまとめる

普通の引越しでも同じですが、荷物を少なめにするのは引越し料金を安くする最大の方法になります。
 

急いでいても荷物を適当に段ボールに詰めるのではなく、コンパクトにまとめると段ボールの数も減りますし、作業が早くなります。
 

日にちや時間を選べないフリー便

当日や1日前の引越しではないなら、フリー便があります。フリー便は、引越し作業の時間が選べない引越し方法です。
 

急いでいる状態で時間が読めないのは不便もありますが、トラックやスタッフに余裕があれば早くなる事もあります。ですが、繁忙期は作業開始が夜になる事もあるので、注意して下さい。
 

宅配便を利用する

荷物が少なくて、大きな家具や家電もない場合は、宅配便も利用できます。宅配便であれば、荷物の到着も早いですし、時間しても可能です。
 

段ボールが数個だけなら、引越し業者にわざわざ焦って見積もりを取るよりも安く済ませられます。
 

できる事は自分でやる

引越しだから、全てを引越し業者にお願いする必要はありません。忙しい中でも自分でできる事は自分で作業すれば、費用は節約できます。
 

短い時間でも荷物の梱包などは自分で行いましょう。
 

混載便を利用する

混載便は、同じ方面に行く他の荷物とまとめて運ぶ方法です。トラックを数軒でシェアするので、全体的に負担が少なくて済むので安くなるのが混載便です。
 

長距離の引越しなら、料金がかなり安く抑えられます。ただし、荷物が集まるまで待つ必要があるため、荷物の到着が遅れる可能性があります。
 

チャーター便を利用する

トラックとドライバーだけを手配してくれる、チャーター便も安くなりますし早く引越しができます。友人や知り合いなどが引越し作業を手伝ってくれるのであれば、大変便利です。
 

チャーター便は、ガソリン代の一部や高速代は自己負担と言う事もあるので、長距離の引越しは費用がかかるケースがあります。また、焦って自分たちで作業するとケガをする危険もあります。
 
参考記事:引越しの混載便とチャーター便とは?|それぞれの違いをご紹介!

急な引越しの注意点

急な引越しは、何もかもが慌ただしくなりがちです。起こり得るトラブルについて確認してみます。
 

忘れもの

急いで荷物を積んだために、荷物を積み忘れてしまう事があります。最後にきちんと部屋の中を確認して、忘れ物がないようにして下さい。
 

ライフラインの解約

急いでいるとライフラインの解約も忘れてしまいます。ライフラインは、急には解約できない場合もあるので、順序良く解約作業を進めて下さい。
 

後になって気が付いた場合は、各会社に速やかに連絡して解約手続きをしましょう。そのまま忘れていて、後の住人の分まで料金を支払い続けるような事態にならないように気を付けて下さい。
 
参考記事:引越し前後の手続き一覧

大家さんや管理会社への連絡

急な引越しでも決まったら、すぐに大家さんや管理会社に連絡をして下さい。急な引越しに対して、敷金などを返却しない、家賃は日割り計算などの規約がある場合もあります。
 

内容をしっかり確認して、対応するようにして下さい。
 

ゴミの処理

急な引越しだからと言って、ゴミなどの不用品をそのままにはしないで下さい。大家さんや管理会社に迷惑がかかります。また、後でその処理にかかった費用を請求される場合もあります。
 

急いでいても部屋はキレイにして出ていくのがマナーです。
 

引越しのあいさつ

急に引越しが決まってお隣の人に挨拶する時間もない場合は、仕方ないですが少しでも時間があれば、ひと言挨拶をしましょう。急な引越しでもお隣には騒音など迷惑がかかります。
 

その際はできれば、タオルなどちょっとした物を今までのお礼を込めて持参しても良いです。留守の場合は、一筆書いて粗品と一緒にドアノブなどにかけておきましょう。
 
参考記事:引越ししたら挨拶は必要?|いつ行く?何を手土産にするの?

一括見積なら急ぎの引越しでも間に合う

時間に余裕があれば、急な引越しでも見積もりを取る事は大切です。最安値の業者を探す事も可能です。忙しい引越しで大活躍してくれるのが、「一括見積もりサイト」です。
 

一括見積もりサイトを利用すれば、まとめて数社の見積もりが取れます。最大10社まで見積もりが取れるサイトもあるので、大きな助けになります。
 

 

まとめ

前日などの切羽詰まった引越しでも、他に引越しがなければ引越し業者は引越し作業を行ってくれます。
 

多少は我慢しなければならない事もありますが、さまざまな方法で引越し料金を安くする事ができます。急な引越しだからと言って、あきらめないで一括見積もりサイトなどを利用してみて下さい。