カップルの引越し

 

引越しは誰にとっても面倒が多いものです。今までバラバラに住んでいた人たちが一緒に住むために引越す場合は、さらに面倒なイメージがあります。
 

例えば、結婚して新居を構える夫婦や同棲を始めるカップルです。
 

「別々に引越し業者を頼む必要があるのか?」「それぞれの家財道具はどうするの?」などの問題もあります。
 

今回は、そんな夫婦やカップルの引越しの相場や安く済ませる方法など問題を徹底解決します。
 

引越し方法は形態によってさまざま

新婚夫婦やカップルは他とは少し違う

新婚夫婦やカップルの引越しは、家族や単身者のようにスムーズにはいきません。なぜなら、別々の場所から1つの場所に引越しをします。
 

さらに、2つの家財道具などを1つにまとめなければいけませんし、必要に応じて新しく買い替える事もあります。とにかく面倒が増えるのが新婚夫婦やカップルの引越しです。
 

2ヶ所一緒に引越し作業はできる?

新婚の夫婦やカップルが引越す際には、それぞれ引越し業者に見積もりを取って比べて、予定を合わせて予約をして、細かい打ち合わせをして・・・などなどやる事が2倍になってしまいます。
 

そこで2つの引越しを簡単に済ませる方法があります。
 

便利なのは「立ち寄りプラン」

新婚夫婦やカップルの役に立つ、引越し業者のプランと言えば「立ち寄りプラン」です。
 

  • 立ち寄りプランとは?

 

立ち寄りプラントは、それぞれの旧居に立ち寄りながら2ヶ所の引越しを1回で行えるプランです。
 

これによって、料金は当然ながら、お互いの荷物が届くのを待つ必要もないので、数段スムーズに引越し作業ができます。
 

また、2人の旧居だけではなく、例えば実家や友達の家やトランクルームなど必要な箇所があれば合わせて立ち寄りが可能が業者もあります。
 

ただし、全ての業者が行っている訳ではないので、最初に見積もりの段階で確認してみて下さい。
 

  • 料金

 

気になる料金ですが、まず単純に考えて、それぞれが個別に引越しをするよりは安くなります。
 

一律の料金設定ではないため、ズバリこの値段とは言えませんが、トラック1台で作業員2名、2ヶ所の立ち寄りプランであれば、50,000円台で引越しが可能です。
 

トラックや作業員の数、日にちによって料金は変わります。
 

立ち寄りプランで引越す時の注意点

立ち寄りプランは、断然お得で便利ですが、気を付けて欲しい注意点もあります。見積もりを取る際など事前にチェックしておきましょう。
 

立ち寄る場所は前もって確認しておく

引越し業者は、効率よく回れるように立ち寄る順番や、スムーズに荷物の積み下ろしができるようになどを考えて、あらかじめ作業内容を決めています。
 

そこで、「やっぱりここも寄って下さい」など急な変更や追加はやめましょう。料金が変更になる場合もありますし、引越しが円滑に進みません。
 

そのために前もって確認して打ち合わせを行っています。お互いが気持ち良く作業できるように引越す側も配慮は必要です。
 

荷物が多過ぎる場合は?

当日になって思ったより荷物が増えてしまったと言うケースもあります。トラックを1台しか予約していなかったため、自分でせっせと運ばなければならない事態も起こり得ます。
 

まだ日にちに予定があれば、トラックの台数を増やしてもらう事もできますが、料金はその分プラスされます。せっかく安く済ませるつもりだったのに、それなりに料金がかかってしまっては意味がありません。
 

事前に2人で荷物の量をある程度は確認して、あらかじめいらない物は処分するなどしておきましょう。
 

当日になっていろいろ揉めるようになると、引越し業者にも迷惑になるので2人の事前の打ち合わせは密にしておく事が大切です。
 

距離が離れている場合は?

立ち寄りプランは、同じ市内や隣県などであれば問題ありませんが、あまりにも距離が離れている場合は、追加料金がかかったり、プラン自体が適応にならない事もあります。
 

これも事前の確認が必要です。
 

新婚夫婦やカップルが安く引越す方法

立ち寄りプランを利用して格安に引越しをする以外にも、さらに引越し費用を浮かす方法があります。
 

いらない物は処分

今まで2つ合った物は1つで足りるようになるため、いらない物を処分するとトラックの数も1台で済みます。
 

  • リサイクルショップやオークションで売る

 

まだ使えるような家財道具がたくさん出てきます。それを売れば引越し費用の足しにもなりますし、新居で必要な物を買う資金にもなります。
 

  • 捨てる

 

古いけれど愛着があってなんとなく取っておいた物もあるかもしれませんが、それを運ぶのにわざわざお金をかけるのももったいないです。これを処分するチャンスなので、思い切って捨てると案外スッキリします。
 

  • あげる

 

売るのも捨てるのも抵抗があるなら、友人や知り合いにあげる事でも処分が可能です。相手が必要のない場合もあるので、勝手に押しつけるような事にならないように事前に確認して譲るようにしましょう。
 

業者が忙しくない「閑散期」に引越す

2人にも予定があるので仕方がないですが、急ぎの引越しではない場合は、閑散期と呼ばれる引越し業者が忙しくない時期に引越すと安くなります。
 

閑散期と反対の忙しい「繁忙期」は3月~4月、夏休み、冬休みなど業者によってもバラつきがありますが、比較的空いているのは「1月、6月、11月」になります。
 

大手の引越し業者のホームページを見てみると、今月の状況などが分かるカレンダーが載っているので、それを参考にしてみて下さい。
 

できる事は自分たちでやる

引越し業者の作業内容は基本的に決まっています。それ以外を行う場合は「オプション」になります。
 

例えば、エアコンの取り外しや取り付け、荷ほどきなど多岐に渡ります。引越しに不慣れでよくわからないからと、何でもお任せすると費用がかさみます。
 

基本は、できる事は自分たちでやるようにすると無駄な出費を抑えられます。
 

交渉は2人でする

1人で交渉すると気付かない事でも2人だと気付く事があります。引越しの交渉などはどちらかが1人でするのではなく、2人で一緒に行くと安くなる場合もあります。
 

引越す時は見積もりをしっかり取って

見積もりは面倒くさがらずに

見積もりは引越しの要です。確かに面倒な作業ではありますが、そこをしっかり行えば費用の節約になりますし、スムーズに引越し作業が進みます。
 

面倒くさがらずに、数社の見積もりを取って比べてみて下さい。
 

一括見積もりが早い!楽チン!

数社の見積もりをそれぞれ取っている時間や労力を使わなくて済む方法が「一括見積もり」です。
 

これを利用すれば、一回で数社の見積もりを簡単に見る事ができるので、引越しを控えた方々には大人気のサイトです。これなら比較も簡単なので、最安値の業者もすぐに分かります。
 

 

まとめ

新婚夫婦やカップルのややこしい引越しには、立ち寄りプランが簡単でお得です。
 

立ち寄りプランは、荷物の量や作業員の数、距離によっても料金に差が出るので、事前の確認や荷物の処分などを行っておく事がカギになります。
 

引越しには見積もりが必要不可欠ですが、便利で分かりやすい一括見積もりを活用して、スムーズに引越しの計画を立てて下さい。