taimingu

引越しをしたら、親戚やいつもお世話になっている方に引越しした事をお知らせするために「転居お知らせ」を送ります。
 

その際に決まったマナーはあるのでしょうか?また、いざ書こうと思っても書き慣れていないせいか、文面に困ってしまう方もいるはずです。
 

今回は引越しの転居のお知らせの書き方やいつまでに送れば良いのかなどまとめました。

引越ししたらまずはお知らせ!そもそも必要なの?

引越しのお知らせは、ある程度親しい間柄の方には送った方が良いとされています。
 

実際には、引越しを経験した半分以上の方が「引越しのお知らせを出していない」と言うアンケート結果もあります。
 

しかし、親しい方なら、年賀状を送る際にも必要になりますし、他の誰からが引越ししたと聞いて気分を害する場合もありますので、注意が必要です。
 

また、同年代ならともかく、目上の年配の方には、きちんとした形でお知らせするのがマナーと言えます。
 

もし「この方はどうしようか?」と迷ったら送っておいて間違いはないと考えて下さい。

引越しのお知らせはどの範囲まで送る必要があるの?

Fotolia_113941214_S

親戚

普段から何かと付き合いがあり、これらかも長い付き合いになる方々なので、親戚関係には送るようにしましょう。
 

友達

友達は関係性にもよりますが、本当に仲の良いいつでも連絡を取り合っている友達であればLINEやメールなどで知らせても問題はありません。
 

会社関係

仲の良い同僚や後輩であればメールなどでお知らせでも良いですが、上司や年上の方は文面でお知らせするのが失礼にならない、常識です。これらかもお世話になると言う意味合いも込めてきちんとしておきましょう。
 

その他

その他、

  • ママ友
  • 同級生
  • お世話になった学校の先生

など、年賀状をやり取りする関係のある方には送るのが無難です。

引越しお知らせを書く時の注意点!

引越しのお知らせをいつまでに送れば良いの??

引越しが終わってバタバタして、ついお知らせが遅くなってしまうのは、絶対に避けたいものです。引越しが済んだらベストは1ヵ月以内、遅れても2~3ヶ月以内には必ず届くようにして下さい。
 

あまりにも日数が経ってしまうと、せっかくお知らせを書いたのにだらしのない人と思われてしまうかもしれません。

ハガキ?手紙?引越しのお知らせは何に書けば良いの?

一般的には、多くの方が「ハガキ」を使って引越しのお知らせをしています。枚数が多ければハガキの方が安いですし、印刷するのもハガキの方が簡単です。
 

どうしても合わせて近況を知らせたいなどの理由がなければハガキで十分です。

メールでのお知らせはアリ?

最近は、メールで皆さんに一斉送信する方も増えていると思います。親しい友人であればメールで済ませた方がお互いに気楽で便利、安いとメリットが多いです。
 

しかし、やはり目上の方にメールでのお知らせは失礼にあたる場合もあります。中にはそれが原因で関係がおかしくなる可能性もあるため、少し面倒でもハガキを使いましょう。
 

携帯は持っているけれどメール機能は使わない、使えない年配の方もいます。「送った方は送ったつもりでいたら、相手はメールの見方が分からなかったから知らなかった」と言う事態もなきにしもあらずですので、ご注意下さい。

SNSでも平気?

最近は多くの方が日常やっているSNSは既に生活の一部になっています。「Face book」「LINE」「Twitter」などでアップすれば1回で、皆にお知らせ出来ます。
 

ところが設定によっては自分の知らない人物や友達の友達など不特定多数の人に自分のプライベートをさらけ出す事になりかねないので、SNSでの引越しのお知らせは避けた方が良いです。

年賀状と一緒ではダメ?

11月や12月頃に引越したのなら、年賀状と一緒にしても大丈夫です。そうでなければ基本は別にして送るべきです。
 

特に親しい方や親戚であればなおさらです。相手も年賀状を作る時は住所録などを作る方も多いので、前もって教えた方が相手にも都合が良い場合もあります。
 

また、引越しした旨をしっかり分かるように年賀状を作らないと、相手が気付かないケースもありますので目立つようにする工夫を忘れないで下さい。

家族連名で出すの?

家族連名にするかしないかは、その家族によってさまざまです。
 

これが正しいと決まりはないですが、親戚やお子さん関係の方に出す場合は、お子さんの名前も加えて、会社関係であれば夫婦連名にするなど臨機応変にするのが望ましいです。
 

しかし、忙しいですしわざわざ何種類も準備するのも面倒な場合は、家族連名でも問題はありません。

正しい引越しのお知らせ文面の例文まとめ

では、実際にハガキを作る時には、どのような文面が的確なのか、相手別の例を挙げます。

例文1 親戚、目上の方

拝啓 皆さまにおかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて このたび 私ども左記(下記)の住所へ転居致しました。
お手数ですがお手許の住所録をお改め頂ければ幸甚に存じます。
お近くにお越しの際は 是非お立ち寄り下さいますようお待ち申し上げます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
敬具
平成○年 ○月

例文2 親戚、目上の方②

拝啓 皆様にはお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
私 この度 左記(下記)の住所に転居致しましたのでご案内申し上げます。
お近くにお越しの節には 是非お立ち寄りよりくださいますようお待ち致しております。
まずはご挨拶かたがたお知らせ申し上げます。
敬具
平成○○年○月

例文3 友達編

私たち(私)はこのたび左記の住所に引越ししました。
慣れない土地ではありますが 気持ちも新たに楽しく過ごしています。
お近くにお越しの際には お気軽に遊びに来てください。

平成○年○月

文だけ?デザインは?

真っ白なハガキでも良いですが、せっかく皆さんに出すならセンスの良いハガキの方が目に留まるので、是非デザイン入りのハガキにしましょう。
 

デザインを選ぶ時には、目上の方や年配の方には失礼にならないようなものを選んで下さい。相手によってデザインを変えるのも楽しいです。

便利なテンプレート

さすがに自分でハガキのデザインをするのは大変ですが、引越しのお知らせ用の便利なテンプレートもたくさんあります。
 

無料のサイトも多くあるため、これらを活用するのもおススメです。かわいいものや、シンプルなものなど選べるので、自分で作る場合は自由に自分らしいハガキが作れます。
 

引越しのお知らせを作る時間がない!

引越しのお知らせをしないといけないのは分かっていても、引越しの方付けや仕事で忙しくてなかなか時間が取れないので間に合いそうもないと言う方は、専門の業者さんにネットで簡単に注文するのも便利です。

業者にお任せ

時間もないし、実はパソコン作業も苦手だからと言う方にピッタリなのは、ネットで簡単に注文出来るサイトがたくさんあります。
 

これを利用すれば、イラストを選んだり好きな写真を入れたりとオリジナルにも富んだセンスの良いハガキが、自由自在にストレスも無くパパッと完成します。

ネット注文で簡単注文出来るサイトまとめ

ネットで簡単に

これらの人気の業者さんは、投函まで代行してくれるため、自分は何もしなくてもお知らせが完了してしまいます。
 

また、宛名の印字が無料になったり、割引がある場合もあるため自分で苦労して作るよりも楽でお得と感じる方も少なくないでしょう。

まとめ

引越しのお知らせは、親しい方や普段お世話になっている方になるべくなら出した方が良いものです。
 

転居先の住所を単に知らせるだけではなく、新しく生活をスタートさせた事も合わせてお知らせするのに最適です。
 

自分で書いたり、パソコンで作成したり、業者さんにお任せする事も自分の自由に出来きて難しい訳でもありません。
 

今までお世話になった方々やこれからも長いお付き合いになる方々には、引越しした際には是非引越しのお知らせをして下さい。

 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法