%e5%bc%95%e3%81%a3%e8%b6%8a%e3%81%97%e6%ba%96%e5%82%99

引越しが決まれば、それに付随していろいろな手続きの必要があります。大体は把握していても意外に忘れてしまうものも出てきてしまいます。
 

引越しの日にちが近づいてギリギリになってから慌てて手続きしようと思っても間に合わない場合や、二度手間になってしまう事もあります。
 

そんな事態を避けるためにも、今回は引越し前にやっておきたい手続きについてご紹介します。

1ヵ月前から各種手続きを始めましょう

引越しする事が決まったら、それに伴いさまざまな手続きがあります。
 

意外に手続きの種類は多いので、1ヵ月くらい前から徐々に済ませておくと後々になって楽ですし、ハプニングにも対応出来ます。
 

とにかく余裕を持って準備を始めておきましょう。

とにかく早めに始めたい引越し前準備

まずは、最初にすべき事をご紹介します。

引越し業者の決定

1番先に決めるべき事で、1番大事なのが引越し業者の決定です。大手から小さなものを合わせると数多くの引越し業者があります。
 

大手の業者は「安心」「サービスの充実」などのメリットがありますし、小さな業者は「価格が安い」のが大きなメリットになります。
 

家族での引越しか単身での引越しかによっても選び方は変わるため、見積もりをいろいろ取って、見比べて1番合っている業者を選びましょう。

大家さんへの連絡

賃貸の場合は、大家さんへの連絡も早めに済ませます。間に管理会社が入っているなら、管理会社さんに連絡します。
 

大家さんや管理会社によっても差がありますが、大体は「1ヵ月前」に退去の連絡をするなど決まりがあります。
 

連絡が遅れるとその後の家賃も支払わなければならなくなるため、契約書などをしっかり確認するようにして下さい。

インターネット関連

多くの方が自宅で使用しているインターネットも引越しする際は、インターネット回線とプロバイダに連絡する必要があります。
 

インターネット回線は→ フレッツ光・フレッツADSL・auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光 など

プロバイダ→ So-Net・ぷらら・OCN・BIGLOBなど
 

1ヵ月くらい前までに連絡する必要すると一般的には引越し先でもすぐにインターネットが使える状態になります。
 

「引越しするなら解約しなければならないの?」と思うかもしれませんが、「転居」と言うサービスを利用すると解約しなくても大丈夫です。
 

引越しを機に会社を乗り換える際に「違約金」が発生する可能性があるため、確認が必要です。ただし、回線会社やプロバイダによっても違いはあります、分からない事は問い合わせをしてトラブルは回避しましょう。

ゴミの処分の段取り

普通のゴミ

引越しの片づけをすると思ったより大量にゴミが出ます。普段のゴミ回収で出せるようなゴミは、自治体のルールに従ってゴミの日に出すようにしましょう。
 

家電

冷蔵庫、テレビ、エアコン、洗濯機は粗大ゴミでは処分出来ません。また、「リサイクル料」を支払って、家電量販店やメーカーに引き取りを依頼するかまたは、指定の場所に自分で運ぶ必要があります。
 

家具や粗大ごみ

家具や粗大ごみは、普通のゴミの日には出せません。「リサイクルショップ」「自治体」「民間ゴミ回収業者」を利用して処分して下さい。
 

民間のゴミ回収業者も大変便利ではありますが、中には「悪徳業者」もありますので、ご注意下さい。自治体に依頼する際は時間が掛かる場合もあるため、早めに連絡しましょう。

子供関連

お子さんがいる場合は、早めに各方面に連絡をします。
 

学校(小学校、中学校)

転校する際は、校長先生や担任の先生などにお世話になったお礼を忘れずに伝えて下さい。転校の必要がなくても住所や電話番号など必要な事項を連絡します。
 

転校に必要な手続きをすると学校から「在学証明書」「教科書給付明細書」を渡されます。受け取る際には印鑑が必要です。
 

これらは、転校先での手続きに必要になるため大事保管して下さい。
 

習い事

辞めなければならない時は、引越し先でも通える知り合いやおススメの先生を紹介してもらえるか確認してみましょう。辞めない場合でも住所の変更などを知らせます。
 

子供の友達の親

転校する場合は、今まで仲良くしてくれた友達の親御さんにもお礼を兼ねて連絡しましょう。
 

新聞、牛乳

この3つは、引越しが決まったらすぐにでも連絡しておきましょう。配達を終了する日までの料金を計算してもらって、支払方法に従って支払いを済ませます。

その他

  • 携帯電話
  • スカパーなど有料TV
  • クレジットカード
  • 通信販売
  • 銀行

これらは郵便局に転居届を出している場合は問題ありませんが、請求書などが旧住所へ届いてしまうため、早めに住所変更の連絡をしておきましょう。

荷造り

荷造りは早めに始めるようにして下さい。
 

使っていない物から先にしまって、新居ですぐに使うような物はまとめて段ボールに入れて分かりやすくするなど工夫しましょう。
 

引越しを機にいらないものを処分して断捨離するのもおススメです。

引越しの2週間~1週間前までに徐々にやっておきたい準備

%e5%bc%95%e3%81%a3%e8%b6%8a%e3%81%97%e5%bd%b9%e6%89%80%e6%89%8b%e7%b6%9a%e3%81%8d

役所関連

役所関係も忘れずに手続きをしなければ、遅くなると面倒になってしまいます。
 

  • 転出届け(引越し14日前~当日)
  • 国民健康保険住所変更(引越し14日前~当日)
  • 国民年金住所変更(引越し14日前~当日)
  • 印鑑証明

 
役所関連は簡単に済ませるためにもまとめて行いましょう。その際に「印鑑」「身分証明書」「健康保険証」などを前もって準備をして持参して下さい。

児童手当

同じ市区町村内で引っ越す場合は、「住所変更届」のみで大丈夫です。他の市区町村に引っ越す際は「受給事由消滅届」を提出しないといけません。
 

受給事由消滅届の提出期限は、引越し予定日から15日以内です。この際に新たな市区町村で申請する時に必要になる「課税証明書」または「所得証明書」を発行してもらいましょう。

ライフライン

引越しするギリギリ、引越ししてすぐ必要になるのがライフラインなので、連絡は欠かさずに前もってしておきましょう。
 

ほとんどのライフラインは、1週間~2週間前までに連絡をして、新居でのライフラインの手続きを合わせて確認しておくと、引越し先でもスムーズに使用出来るようになります。
 

  • 電気
  • ガス
  • 水道

 
電気、ガス、水道は各営業所に連絡すると、引越し当日に担当者が来てその日までの使用量を計算してくれます。
 

  • 固定電話

 
NTTであれば専用のダイヤル「116」にかけて、「移転手続き」を進めて下さい。

NHK

NHKの場合は、専用ダイヤル「0120‐151515」に電話をかけるか、ホームページから手続きを進めて下さい。

NHK受信料の窓口:http://pid.nhk.or.jp/jushinryo/

郵便

郵便局または、ホームページから「転居届」の手続きをすると、前の住所に郵便物が届いても1年間は新しい住所に配達してくれます。

日本郵便 e転居:http://welcometown.post.japanpost.jp/etn/

ペット関連

最近ではペットを飼っている方は非常に多いですが、犬は引越しの際には手続きが必要になります。
 

引越しで市町村が変わる場合は、転入先の役所や保健所で手続きが必要になります。同じ市町村内に引っ越す場合は、役所または保健所で登録住所の変更手続きをします。
 

猫や小鳥は特に手続きは必要ありません。
 

ペットは引越しの際に自分では運べない場合は、専門の業者を利用しましょう。また、ペットを運ぶサービスを行っている引越し業者もありますので、見積もりなどの際に確認してください。
 

公共交通機関を使う際には、ゲージなどの運ぶケースも必要になります。
 

ヤマトホームコンビニエンス:http://www.008008.jp/transport/pet/

原付自転車

原付自転車を所有している場合は、市区町村の役所で「廃車証明書」を発行してもらう必要があります。役所にある「廃車申告書」に必要事項を記入します。
 

必要な物

  • 印鑑
  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書(紛失していても大丈夫)
  • 身分証

 
転居先の役所で廃車と登録の手続きを両方行える場合もありますので、確認してみて下さい。

新しいご近所さんへのご挨拶の手土産の準備

バタバタしてつい忘れてしまうのが、新しいご近所さんへの挨拶の手土産です。日持ちのするお菓子やタオルなどを前もって準備しておきましょう。

参考記事:引越ししたら挨拶は必要?|いつ行く?何を手土産にするの?

前日までにやる引越し準備

電化製品

  • 冷蔵庫

裏側をキレイに拭いて中も空にしてアルコールなどでキレイにし、水抜きや霜取りまで済ませておきます。調味料や残った食品などはクーラーボックスに入れて持って行きます。
 

  • テレビ

普段はあまり拭かない裏側や配線もキレイにします。配線は新居ですぐにセット出来るようにまとめておくと便利です。
 

  • 洗濯機

意外と忘れがちですが洗濯機も水抜きが必要になります。裏側やホースもついでにキレイに拭いておきましょう。

旧ご近所さんへのご挨拶

当日はあれこれと忙しいので、前日までには今までお世話になったご近所さんに挨拶をしましょう。
 

引越しの当日も騒がしくなったり迷惑をかける可能性もあるため、きちんと挨拶するのがマナーです。

忘れたらどうなるの?

引越しに必要な手続きを忘れると、新生活がスムーズに進まなくなるケースもあります。
 

ギリギリになってからや引越し後に気づいたら、慌てずにすぐに手続きをして下さい。そのままにしておくとトラブルにもなりかねませんし、困るのはご自身です。

まとめ

引越しを決めてから当日までにやるべき事は実に多岐にわります。引越しに限らず物事で重要なのは「段取り」です。
 

段取りをしっかり行えば、急なハプニングやトラブルにも対応しやすくなります。
 

まずは、引越しが決まったら、やるべき事のチェックリストを作って、順序良く進めましょう。

 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法