心づけお礼

感謝の気持ちを表す心づけの疑問をスッキリ解決!
 

引越しの当日になると忙しくてつい忘れてしまうのが「心づけ」です。
 

重い荷物を汗を流しながら運んでくれる作業員さんに心づけは必要なのでしょうか?
それとも料金を払っているからそれ以上は払わなくても良いのでしょうか?
 

今回は、引越しの心づけについて、相場や渡すタイミングなど誰もが思う疑問についてお答えします。
 

引越しの心づけは必要なの?

引越しの作業員

そもそも引越しの作業にはお金を支払っているのに、作業員さんに心づけを払う必要があるのか疑問に思う方もいると思います。
 

業者によっては、「料金の中に入っている」と言われるようなので、必要ないと考えられる事もあります。その証拠に実際に作業員さんに心づけを支払わなかった方も多いです。
 

しかし、暑い夏や寒い冬などに一生懸命に作業してくれている様子を見て、その「気持ち」を表現する方法として渡すのが心づけです。
 

ですが、渡さなかったからと言って悪い訳ではありませんので、無理に渡す必要もありません。
 

友人、知人、会社の同僚

引越しの際に何かと助かるのは友人や知人、会社の同僚です。
 

こまごまとした片付けなど、家族だけではなかなか進まない時や子ども達の面倒を見てもらうなど来てくれるとありがたい存在です。
 

友人や知人、会社の同僚などに手伝ってもらった場合は、やはりそのまま何も渡さないのは非常識です。
 

確かに手伝いたいと言う親切心で来てくれてはいますが、時間と労力をかけてくれている訳ですから、感謝の気持ちを表すのは当然です。
 

引越しの心づけの金額の相場は?

引越し心づけ

金額の相場

心づけはあくまでも感謝の気持ちですが、たくさんあげれば良いと言うものではありません。心づけの相場は一般的には1人1,000円です。
 

荷物が重たかったから、たくさんあったから、2階まで何度も運んでもらったからと2,000円程度払う方もいます。
 

また、1人ではなく、3人に1,000円~2,000円を渡すケースもあります。
 

作業員さんは個別?まとめて?

まとめて人数分まとめて渡しても良いですし、個別に渡しても構いません。
 

作業員さん1人1人に感謝の言葉を伝えながら渡した方が気持ちが伝わるので、よほど忙しくない限りは個人的に渡すのも良いでしょう。
 

個別渡す場合は、リーダーや責任者の方には気持ち多めに渡す場合もあります。
 

誰に渡すの?

まとめて渡す時には、作業員さんのリーダーや責任者に渡します。
 

その時は、人数をしっかり確認して分けて作業員さんが全員揃っている時渡します。
 

なぜなら、心づけを渡した事がうやむやにならずに、確認出来るからです。
 

封筒に入れるの?

まとめて渡す時も個別に渡す時にも「ポチ袋」のような物に入れて渡した方が、渡しやすくもらいやすいです。
 

友人などお手伝いは?

作業員さんとは違うので、現金よりは商品券やクオカードのようなカードを渡すのが無難です。
 

金額は3,000円~5,000円程度です。また、断られた場合は、後日食事に招待するような形でも良いでしょう。
 

引越し業者を使わずに友人や知人にメインになって引越し作業を進めてもらった場合は、もっと多めに10,000円程度を渡すようにしましょう。
 

単身引越しの場合

家族で引っ越すのと単身での引越しでは、荷物の数も違います。
 

単身の場合は時間もそうかからずに終わってしまうため、心づけは必要ではないとも言えますが、心づけはあくまでも作業の対価ではなく「感謝の気持ち」なので、自由です。
 

相場は同じく1人1,000円です。
 

心づけ渡すタイミングは?

まず言いたいのは、心づけを渡すタイミングは、前でも後でも作業内容に影響はありません。
 

心づけは前もって準備しておく

引越しの当日になってバタバタして心づけを渡しそびれてしまったり、ギリギリになってお財布から取り出すのはスマートではありません。
 

前日までに忘れずに準備しておきましょう。
 

作業の前

作業員さんも仕事に誇りを持ってやっているので、作業の前に心づけをもらったから待遇が変わるような事はありません。

ですが、作業前に心づけをもらったら、仕事に対するモチベーションが上がる事もあります。
 

また、始めに心づけを渡しながら「今日はよろしくお願いします」と声をかけると、その後の作業がスムーズに行ったと言う話もあります。
 

作業の後

作業の後に「今日はありがとうございました。大変助かりました」と言いながら渡すと、作業員さん達は「今日の頑張りの評価」と捉えて、仕事をして良かったと思います。
 

また、始めにお茶などの飲み物などを差し入れして、作業の後に心づけを渡す方もいます。
 

どのタイミングで渡すにしても「心づけを渡してやる」と言う姿勢ではなく、気持ちを込めて「ありがとうやご苦労様」のねぎらいの言葉をかける事が大切です。
 

引越しの心づけは金券ではダメなの?

心づけに使われているのは現金だけではありません。金券やカードを渡す方も多くいます。
 

また、「作業員さん1人に対して1,000円は少し多いけど、500円玉で渡すのもちょっと・・・」と思う時にも便利です。
 

心づけと差し入れは別?

基本は、心づけと差し入れどちらか1つで良いですが、両方を渡す方もいます。
 

心づけを渡すなら差し入れは簡単な物でも十分ですが、どのような物が人気があるのでしょうか。
 

おススメの差し入れ

  • 飲み物
  • 果物
  • アイスクリーム
  • お弁当
  • お菓子
  • おにぎり
  • パン
  • お弁当

 
作業が始まる時間やかかる時間にもよりますが、何かと体力が必要で若い方の多い作業員さん達には、作業の合間に食べられる物が喜ばれます。
 

差し入れするタイミング

差し入れのタイミングは作業前や後に渡すのも良いですが、作業前だと夏は食べ物が傷みやすくなりますし、チョコレートやアメの場合は溶けてしまうので注意が必要です。
 

休憩がある場合は、そのタイミングを見計らって渡すのも良いでしょう。
 

まとめ

引越しの作業には料金を支払っているので、心づけは必ず渡さなければいけないものではありません。
 

単純に感謝の気持ちを形にする日本人の昔からある習慣のようなものと言えます。
 

また、引越しと言う新しい門出のためにお互いが気持ち良く作業が出来るのが大切ですので、そのためにも心づけを渡すのも1つの良い方法です。
 

何を渡すにしても、金額に関係なく「労をねぎらう気持ち」は忘れないようにして下さいね。

 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法