引越し祝い

知り合いや親戚、兄弟など誰かが引越ししたら、当たり前のように準備する引越し祝いですが、そもそもそれって必要なのでしょうか?
 

あげるとすれば喜んでもらえる物を贈りたいと思うのは当然ですが、どんな物を贈れば良いのか迷ってしまう事も少なくありません。
 

意外と知らないけど、急だと慌ててしまう引越し祝いについて、タブーや人に聞けない金額の事など詳しくご紹介します。
 

引越し祝いは本当に必要なの?

引越し祝いは、身近な人が引越ししたら贈ればいいと言う事でもありません。もし、賃貸から賃貸に引越しした場合は、贈る必要はありません。
 

贈られた方もハッキリ言って「なぜ貰ったの?」と思ってしまう可能性もあります。引越し祝いは、基本的には、「一軒家を新築した」「マンションを買った」または、「結婚して引越しをした」時に贈るものです。
 

必ず送らなければならないと決まってはいませんが、日頃から親しくしたりお世話になっている間柄であれば贈るのが一般的です。
 

また、引越しはおめでたい時にばかりするとは限りません。災害や離婚などで仕方なく引越しを余儀なくされる場合もありますので、その時は「お見舞い」や「御餞別」と言う形で贈るようになります。
 

引越し祝いは何を贈れば良いのか?

実際に引越し祝いを贈ろうと決めた際に何をあげれば良いのか、予算はいくらなのか、これが1番頭を悩ませられます。予算と絶対に外さない定番のギフトをご紹介します。
 

ギフトの予算

予算は誰でも一律同じと言う訳にもいきません。相手によってその予算も少し変わります。
 

  • 両親、兄弟姉妹→ 1万円~5万円
  • 親戚→ 1万円~3万円
  • 友達→ 3千円~1万円
  • 会社関係→ 3千円~1万円

 
ちょっとした知り合いやママ友などへのギフトであれば、プチプラギフトもおススメです。アイテムや金額別に細かく選べる通販サイトの利用も便利です。
 

参考:ベルメゾンネットショップ
 

引越し祝いに限らず、お祝いにかける金額は高ければ良いとは言えません。貰った人の負担にならないようにするのもマナーの1つです。
 

ギフトなら何をあげれば良いの?定番ギフト5選

日頃から付き合いがあれば、相手の好みや趣味を考えて、本当に贈りたい物をあげるのが1番ですが、迷ってしまって決まらない方のために定番のギフトをご紹介します。

カタログギフト

引越し祝いカタログギフト

人にはそれぞれ趣味があるため、好きなものを選べるカタログギフトは、あげる方も貰う方も簡単で喜ばれます。

参考:カタログギフト リンベル
 

タオル

引越し祝いタオル

引越しを機にタオル類などの生活雑貨を新しくされる方も多いですし、消耗品は喜ばれます。

参考:タオル美術館
 

金券

引越し祝い金券

貰う方も現金同様に嬉しいのがギフト券などの金券です。種類も豊富なので、贈る方に合わせて選べます。また、軽いので届けるのも負担になりません。

参考:JCBギフトカード
 

お酒

引越し祝いお酒

お酒好きな方が家族にいる場合は、お酒が喜ばれます。実際に貰って嬉しいお祝いにも挙げられているのでおススメです。引越しの後のパーティーの際にも使えるので重宝です。

参考:カクヤス
 

キッチングッズ

2016-08-09_163611

主婦にとって新しい家の新しいキッチンでお料理をするのは、1つの楽しみでもあります。人気のキッチングッズは選ぶのも楽しい定番のギフトです。

参考:ル・クルーゼ
 

その他、「お米」や「お菓子」など消えてなくなる消耗品も喜ばれます。
 

近い人にはリクエストを聞く

両親や兄弟姉妹など金額が大きいギフトを選ぶ際は、「家電製品」なども人気があります。
 

引越しを機に家電製品を買い替える方も多いので、思い切ってリクエストを聞いて必要な物をプレゼントするのもおススメです。
 

実際にその方がお互いに良いでしょう。
 

意外と嫌がられるギフト

贈る方だけが満足してるだけで意外に贈られた方が迷惑なギフトもあります。
 

  • 花や観葉植物(手入れが大変、ジャマ)
  • 食器(趣味が合わない、たくさん持っている)
  • インテリア用品(趣味が合わない)

 
いずれにしても相手の事を考えて選ぶ事が大切です。
 

引越し祝いに『のし』は必要?

普通のラッピングやリボンで良いのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、実際にそれは失礼に当たります。
 

正しくは、のしは必要になります。
 

水引は、「紅白」または「金銀」「蝶結び」です。
 

蝶結びは結び直せるので、「何度あっても良いおめでたい事」と言う意味合いがあります。
 

のし書きは、新築の一軒家や新築のマンションであれば
 

  • 「新築祝」
  • 「祝新築」

 
と書きます。
 

また、中古の一軒家やマンションの場合は
 

  • 「御引越し祝」

 
とそれぞれ書きます。
 

新築と中古では書き方が違います。また、デパートや通販などで購入するとのしを印刷してくれる場合が多いですが、もしご自分で書く場合は、筆ペンを使います。
 

親しき仲にも礼儀ありですので、きちんとしたマナーを守りましょう。
 

引越し祝いを贈るタイミングは?

taimingu

引越しのお祝いを贈るタイミングは引越し前でも引越し後でも大丈夫ですが、引越しの数日前や引越しの数日後は、片付けなど相手もバタバタして非常に忙しい時期なので避けます。
 

また、引越し前であれば梱包も必要になるので、あまりギリギリでは迷惑になります。
 

  • 引越し前→ 1ヵ月前くらいから引越しの1週間前まで
  • 引越し後→ 2週間後くらい、または新居に招待された時

 
この辺りを目安にして、相手の予定も考えながら贈りましょう。
 

配送でも良いの?

遠くに住んでいてなかなか行けない場合、病気などで移動が大変な時は仕方ないので、配送でも良いですが、近くに住んでいるなら直接手渡した方が相手に気持ちが伝わります。
 

配送する際も手紙など一言添えるのをお忘れなく。
 

引越し祝いにお金なら相場はいくら?

引越しは何かとお金が必要なので、現金が喜ばれるのは事実です。現金を贈る場合もギフト同様に相手によって相場が変わります。
 

贈る相手によって相場は変わる

  • 兄弟姉妹→ 1万円~5万円
  • 親戚→ 1万円~3万円
  • 友達→ 5千円~1万円
  • 会社関係→ 5千円~1万円

 
上司など目上の方に現金や金券をお祝いに渡すのは失礼にあたるとされるため、注意が必要です。
 

新築と中古の場合

新築と中古の場合、新築の方が金額を多く渡すケースが多いです。兄弟姉妹の場合は、10万円程度を渡す方もいます。
 

一軒家とマンションの場合

一軒家でもマンションでも特に差はありません。
 

新築マンションに引っ越すのであれば、新築一戸建てに引っ越すのと同じと考えておきましょう。
 

引越し祝いにはタブーもある!

実は引越し祝いとして贈るのはタブーの品物があります。
 

火を連想する物注意

せっかくのお家が燃えてしまうようなイメージの品物は避けなければいけません。
 

  • ライター
  • 赤い物
  • 灰皿
  • ストーブなど

 

穴を開ける必要がある物注意

せっかくのお家にわざわざ穴を開けなければいけない物も避けた方が無難です。
 

ただし、近しい人で「壁掛け時計」などリクエストがあれば問題ないです。
 

もらった方もそのままではダメ?引越し祝いのお返し

Fotolia_113941214_S

引越し祝いを貰ったらどうします?
そのまま?何かお返しする?
 

悩む方も多いですが、厳密に言えばお返しは必要ないです。ですが、一般的に多くの方がお返しをしているので、お返しするのが無難です。
 

親や兄弟姉妹、親戚の場合は、新居など引越し先に招待して「お食事会」などをするのがお返しになります。
 

お披露目にもなりますし、準備は少し大変ですが喜ばれます。料理が苦手、大変なら何品かはケータリングサービスなどを利用してあまり無理のないように出来る範囲で行って下さい。
 

何かお渡ししたいなら、帰りにお菓子などの簡単な手土産を用意するのも良いです。
 

お返しの予算は?

基本は、戴いた金額の1/3または、半分が予算になります。
 

ただし、親戚や兄弟から高額のお祝いを戴いた時は援助の意味も含まれるため、半分まで返す必要はなく、家に招待した時に手厚くもてなしたり、ある程度の金額のお返しで十分です。
 

お返しの品人気3選

では、実際にどんなお返しが人気なのでしょうか?
 

  • カタログギフト
  • お菓子
  • タオル
  • 洗剤
  • 乾麺やジュースなど日持ちのする物

 

お返しをするタイミング

自宅に招待する「お披露目」を行うなら、引越ししてから1、2ヵ月の間が目安になります。
 

品物でお返しする場合は、引越し後1ヵ月以内に皆さんからお祝いを戴く事を想定すると引越しから2ヵ月以内には済ませておくのが最適です。
 

お返しはこのタイミングで十分ですが、お祝いを配送などで戴いた場合は、その日のうちに必ず電話などでお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。
 

お返しの『のし』

のし書きは「内祝」「新築内祝」、その下に夫婦なら夫の名前、もしくは、夫婦連名で書きます。
 

「水引」は「紅白」または「金銀」の「蝶結び」がマナーです。
 

まとめ

最近は昔のようなしきたりなどにこだわらない方も増えてきているため、簡素化されたりするケースも多いですが、正しいマナーを知っておれば、いざという時に困りません。
 

贈る方と贈られる方の両方のマナーを身に付けておきましょう。

 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法