引越しエアコン

 
引越しする際に持って行く物で大きな電化製品の1つにエアコンがあります。
 

エアコンは冷蔵庫や洗濯機のように簡単には取り外せないので、少し面倒な印象があります。
 

今回は、引越しの時のエアコンの取り付けや取り外しを安く済ませる方法についてご紹介します。
 

引越しする時にエアコンは持って行く?

引越しの際に持って行く

旧居では自分でエアコンを購入して使っている方は、当然ですが引越しの際は一緒に持って行く方がほとんどです。エアコンは日本全国どこへ引越したとしても必要な物なので、旧居に置いていく方は少ないでしょう。
 

古いから処分して購入もおススメ

エアコンは大きな荷物ですし、古い物を使っている方はこれを機に新しく購入するのもおススメです。
 

10年以上前の古いエアコンと最新のエアコンでは、消費電力に差があって、古いエアコンは電気代が高くなってしまう可能性があるため、わざわざ持って行くよりも最新式にした方がお得になる場合もあります。
 

賃貸はエアコンが付いている物件が多い

賃貸の場合は、初めから部屋にエアコンが設置されている事も多いです。新居も賃貸で既にエアコンが設置されているなら、購入する必要もありません。
 

エアコンが設置されているかどうかは、あらかじめ管理会社や大家さんに忘れずに確認しておきましょう。
 

引越しでエアコンが壊れる事もある?

よく、「引越しの際のエアコンの移設が故障の原因になる」と言う話もあります。実際に、移設の際にエアコンの冷媒のためのガスが抜けたり、設置時に起きた不具合や部品の問題でエアコンが壊れてしまうケースもあります。
 

しかし、正しい方法できちんと作業されていれば、故障せずに問題なく使い続けられます。
 

処分する

  • リサイクルショップに売る

エアコンは値段が高いので、まだ使えるけれども買い替えをするならリサイクルショップに売ってお金に変える方法もあります。
 

引き取り価格は購入した金額よりは安くなってしまいますが、捨ててしまうより有効に活用できます。売る際は、「説明書」や「リモコン」の有無が引き取り価格に影響するので、忘れずに持って行って下さい。
 

  • 捨てる

古いし、リサイクルショップでも引き取ってくれそうにない場合は、ゴミとして処分するようになります。エアコンは「家電リサイクル法」があるので、「粗大ゴミ」として処分できません。
 

そのため、一般的なエアコンなら1,000円程度の「リサイクル料」を支払って処分しなければいけません。新しいエアコンと買い替えるなら、家電量販店にリサイクル料を払って引き取ってもらう事ができます。
 

また、自分で処分するなら郵便局でリサイクル料を支払って、指定の場所にエアコンを持ち込む流れになります。いずれにしても、その辺に捨てると不法投棄になるため、勝手には処分しないで下さい。分からない時は自治体に確認してみて下さい。
 

  • 人に譲る

エアコンは値段が高いので、まだ使える状態なら欲しい方もいるかもしれません。処分する前に欲しい人がいなかどうか確認してみて下さい。
 

エアコンは自分でやるのは難しい

引越しエアコン

 
引越しでエアコンを持ってく時は、引越し業者などに依頼しますが、自分で引っ越し作業する場合は注意が必要です。なぜなら、エアコンの取り外しや設置は素人が簡単にはできません。
 

作業の方法を間違えたり、失敗したせいで壊れてしまう可能性も十分にあります。せっかく安く済ませるために自分でやったとしても、壊れてしまったら逆にお金がかります。
 

ですから、エアコンを引越しする場合は、専門の業者などを活用した方が賢明です。
 

安いのはどれ?エアコンを引越しする方法と相場

エアコンを引越し先に持って行く際には、「取り外し」と「取り付け」の作業があります。その作業を行ってくれる業者はいくつかあります。それぞれの方法と相場をまとめてみます。
 

専門の業者に依頼する

ご存知ない方もいるかもしれませんが、エアコンの取り付け取り外しなどの作業を専門に行ってくれる業者があります。
 

相場は、エアコン1台につき8,000円程度~16,000円程度です。取り付け作業だけなら1,500円程度や2,000円程度の非常に安い価格設定の業者もあります。
 

基本料金でその他に
 

  • 配管の取り換え
  • 配管の化粧カバー
  • 室外機の移動
  • ガスの補充
  • 部品の交換
  • 壁の穴あけ
  • クリーニング

 

などは追加料金になる場合が多いので、注意して下さい。業者の中には、基本的な作業と追加料金をセットにして20,000円程度に設定しているところもあります。
 

専門の業者に依頼する時は追加の作業の他にも
 

  • 作業日数
  • 保証が付いているかどうか
  • 全国対応しているかどうか

 

なども合わせて確認して下さい。
 

引越し業者のオプションで依頼する

引越し業者のオプションでもエアコンの取り外しや取り付けを行ってくれます。引越し業者さんに依頼する際に一緒に申し込めるので、手間はかからず忙しい方には便利です。
 

引越し業者の場合は、見積もりを取らなければエアコンに関する作業の料金を正確に知るのは難しいです。引越し業者のオプションでも、追加作業は料金がかかります。
 

大手の引越し業者では、取り外し・取り付け・追加作業などを含めたセットで30,000円程度で行ってくれます。専門業者へ依頼する場合は、自分で良い業者を見極める必要があります。
 

引越し業者の場合は、例え下請けの業者が来たとしても安心して任せられるメリットがあります。
 

安く済ませるためには見積もりを比べるのがベスト

専門業者、引越し業者どちらに依頼するとしても大事なのは見積もりを取る事です。気になる業者の見積もりをいくつか取って、比べてみると最安値がどこなのか分かります。
 

また、業者との値引き交渉の際も、他の業者の価格が分かるとスムーズに進む可能性が高いです。ですから、適当に決めるのではなく見積もりは必ず取ってみて下さい。
 

賃貸は管理会社や大家さんに事前に確認する

賃貸に引っ越す場合は、エアコンの有無の確認も大切ですが、もし自分で設置する際は事前に確認しなければいけません。
 

なぜなら、エアコンを設置する際には壁に穴を開ける必要があるからです。その許可を取っておきましょう。許可を取らずに勝手に穴を開けた事で、後にトラブルの原因になる場合もあります。
 

引っ越しは一括見積もりが早くて便利

引越し見積はたくさんあった方が良いですが、自分でいちいち多くの業者に見積もりを取るのは面倒です。そこで、おススメなのが「一括見積もり」です。
 

一括見積もりなら、一度でたくさんの見積もりがあっと言う間に取れるので、仕事や日々の忙しい生活の中での引越しも簡単に進める事が可能になります。
 

まとめ

エアコンの引越し作業は、自分で行う事は非常に難しいです。そのため、専門業者や引越し業者のオプションで行うのが一般的になります。
 

作業の料金は、基本の作業料金の他に追加作業の料金がかかる場合もあります。作業を依頼する際は、必ず見積もりを取って比べるのが安くする方法です。
 

また、引越し業者は「一括見積もり」を利用して、面倒な見積もり作業を簡単にして下さい。