引越しパスポート

 
引越しして住所が変わると、実にいろいろな手続きが待っています。あまりにも多くの手続きがあるため、つい後回しにしてしまって、そのまま忘れてしまうものもあります。
 

住所が記載されている物は、住所を変更する必要があるのではないかと思いますが、パスポートには手続きは必要なのでしょうか?
 

これをうっかり忘れると海外旅行に行けなくなってしまうのでしょうか?
 

今回は、パスポートの手続きについてご紹介します。

住所だけなら特別な手続きは必要ない

パスポートは身分証明にもなるので、少しでも変更があれば手続きが必要だと思っている方も多いですが、住所を変更するだけの場合は手続きをする必要はありません。
 

住所変更の方法

特別な手続きを行う必要はなくても、やるべきことが1つあります。パスポートの裏表紙をめくると、「所持人記入欄」があります。
 

そこに、前の住所が記入されていたら、「二重線を引いて」新しい住所を記入します。
 

パスポートの場合、「住所」「本籍」は大事な項目ですが、住所はあまり重要視されていないので、二重線でも問題ありません。
 

修正液や修正テープでも大丈夫な国もありますが、その場合消された箇所に何が書いて合いるのか怪しまれる事もあります。
 

国によっては入国を断られる事態にもなりかねないので、そんなリスクを背負うくらいなら初めから二重線を引いて訂正した方が賢明です。

氏名や本籍が変わったら手続きが必要

結婚して新居に引越しをするなど、氏名や本籍の都道府県などに変更がある際は、必ずパスポートも変更手続きが必要になります。
 

また、本籍が同じ都道府県であれば、申請の必要はありません。
 

方法

氏名や本籍に変更がある場合は、2つの方法があります。
 

  • 切替申請 → パスポートを新しく申請する
  • 記載事項変更申請 → 今のパスポートの有効期限の有効期限まで使える

 
基本的には、「切替申請」が必要になりますが、今使っているパスポートの有効期間をそのまま利用する「記載事項変更申請」も可能です。
 

場所

  • 各都道府県の申請用窓口(旅券事務所窓口)

 

期限

特に期限は設けられていませんが、全ての手続きが完了するまでにかかる期間は、都道府県によっても差があるので、気になる方は、速やかに手続きを行って下さい。
 

費用

  • 切替申請 → 5年 11,000円    10年 16,000円  12歳未満 6,000円
  • 記載事項変更申請 → 6,000円

 

必要な物

  • 一般旅券発給申請書(専用窓口にあります) 1通
  • 現在使用している有効なパスポート
  • 戸籍抄本、または戸籍謄本(6ヶ月以内に発行されたもの) 1通
  • 写真(4.5cm×3.5cm 6ヶ月以内に撮影されたもの) 1枚

 
切替申請も記載事項変更申請も必要な書類は同じですが、記載事項変更申請の場合は、専用の「一般旅券発給申請書」を提出する必要があるので、間違わないようにして下さい。

氏名だけの変更

本籍地は同じ都道府県で、氏名だけ変更する場合は、以下のような方法になります。
 

場所

  • 各都道府県専用窓口(旅券事務所)

 

費用

  • 900円

 

必要な物

  • 訂正申請書 1枚
  • 戸籍謄本、または戸籍抄本(新戸籍のもの) 1枚
  • 現在使用している有効なパスポート

 
※写真は必要ありません、印鑑が必要な場合もあります。
 
この訂正申請は、写真やサインの変更は出来ません。また、新しくパスポートを申請する事も可能です。

引越しの時パスポートを失くしたら?

引越しの時にパスポートを失くしてしまった、または気が付かないうちに失くしていた場合は以下のように紛失等の届け出を行う必要があります。
 

場所

    • 各都道府県の申請用窓口

(旅券事務所窓口)
 

必要な物

  • 紛失一般旅券等届出書
  • 写真(4.5cm×3.5cm 6ヶ月以内に撮影されたもの)
  • 本人確認書類(原本のみ)

 
運転免許証やマイナンバーカードであれば1枚で良いですが、健康保険証や年金手帳などの場合は、2枚提出する必要がある都道府県がありますので、確認して下さい。
 

  • 紛失や焼失を証明出来る書類

 
(事情説明書、罹災証明書や警察が発行する紛失を署名する書類など)
さらに、都道府県によっては住民票が必要になる場合もあります。
 

また、この際に同時に新しいパスポートを申請する必要があります。
 

  • 一般旅券発給申請書  1通
  • 戸籍抄本、または戸籍謄本  1通
  • 写真(4.5cm×3.5cm)  1枚
  • 費用 5年 11,000円  10年 16,000円

 
これらを提出して下さい。

引越し後に新婚旅行で海外に行く時は?

新婚旅行で海外に行く場合には、当然パスポートが必要になります。この際に、氏名や戸籍はそのままで良いのか心配になります。
 

結婚後の名前で旅行券を購入している場合は、その事を確認して記載事項変更申請や切替申請を行います。
 

パスポートと旅券の名前が違っていると飛行機に乗れなくなるので、注意が必要です。また、旧姓で予約した場合は、帰国後に記載事項変更申請や切替申請を行います。
 

旧姓のままでも旅行する事は可能ですが、出来れば旅行前に手続きを済ませておいた方が安心です。

代理人でも手続き出来るの?

パスポートの手続きは本人ではなくても、代理人が行える場合があります。
 

必要な物

代理人が申請する際には、各申請書類の他に以下の物が必要になります。

  • 申請書類等提出委任出書
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど1点、または2点必要な書類もあります。)

 
また、一般旅券発給申請書は、申請者本人による記入が必要なので、前もって書類を入手しておきます。
 

代理人が申請できない場合

  • 紛失、焼失の場合
  • 有効なパスポートが激しく損傷している場合
  • 申請書の「刑罰等関係」で「はい」と記載されている場合など

 
これらの場合は代理人では申請できないため、本人が手続きしなければいけません。

必要な書類はあらかじめ確認する

引越しするだけでも忙しいのに、さらにやるべき手続きはさまざまあります。
 

パスポートの手続きは後でも大丈夫と感じるかもしれませんが、いざという時のために早めに行っておきましょう。
 

また、必要な書類もいくつかあるため、あらかじめ準備しておかないと窓口で慌てたり、手続きが出来なくなってしまう事も考えられます。

まとめ

パスポートの手続きは忘れても旅行は出来ますが、いざという時に面倒になる可能性もあります。
 

パスポートに限らず、引越しで必要な変更事項があれば早めに済ませておいた方が良いでしょう。
 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法