Fotolia_113941214_S

引越しをして会社に報告すべきなのは分かりますが、そのタイミングや方法などはよく知らない方も多いと思います。
 

社会人として会社人として、今更聞けないと考えている方もいるでしょう。
 

今回は、引越しに際して必要な会社への報告内容や方法、タイミング、報告する範囲まで細かくご紹介します。

会社への引越し報告は義務ではなの?

「引越しをする、またはした事を会社に報告するのは、何かの機会でもいいのではないか」と思われている方もいるかもしれません。会社への報告は社会人として、会社の一員としては必要な事です。
 

住所変更届を提出する

住所が新たに変わった時は、会社に住所変更の届を出します。
 

報告しなくても会社は分かる

会社は社員の「保険」や「税金」などさまざまな公的な届を行ってくれています。特に正社員として働いている場合は、公的な手続きもあります。ですから、社員が住所変更の報告をしなくても手続きの過程で気づきます。
 

そうなると「あの人はだらしがない」「社会人として責任感がなさ過ぎる」と思われる可能性もあります。おのずと知られる事なので、自分からきちんと報告しましょう。

引越しの報告をしないと会社も困る

会社への報告を怠ると会社にも迷惑がかかります。
 

手続きに不備が出る

会社は社員のためにさまざまな手続きを行ってくれています。
 

  • 健康保険
  • 源泉徴収
  • 年金

 
社員やその家族が安心して暮らしていけるように国や県、市区町村に手続きや届出をしているので、報告しないとそれが滞ってしまいます。
 

年末調整を提出する際には、現住所を記入する必要があります。また、会社が市区町村に提出する「給与支払報告書」を引越した事を知らずに旧住所に出してしまう事になります。
 

交通費にも影響が出る

もっと身近な話をすれば、会社から貰っている交通費は家から会社までの距離などを参考にして算出しているので、もし旧住所より近ければ会社から交通費をだまし取っていると思われても仕方ありません。
 

反対に遠い住所へ引越ししていれば、自分が損してしまいます。会社のためにも自分のためにも住所変更の届は非常に大切な手続きと言えます。

引越しの報告のタイミングと方法

タイミング

まず、引越しが決まった時点で会社に「今度引越しをします」と一応報告をしておきます。そうすれば、会社側も書類など揃えやすくなります。
 

その後正式に住民票を移すなど引越しが完了したら、改めて会社に報告をします。
 

誰に(どこに)

会社で公的な手続きを主に行っているのは「総務部」になります。ですから、引越しの報告は総務部にします。
 

また、部署などのない小さな会社の場合は、事務の係など手続きを担当している方に報告して下さい。
 

方法

  • 口頭

基本的に始めは口頭で報告して、その後に必要な書類を提出します。
 

  • 社内メール

最近はメールで簡単に何でも済ませてしまう方も多いですが、これはマナー違反です。大事な事ですので、きちんとした形で報告して下さい。
 

期限

普段関わっていないと分からない事でもありますが、公的な手続きには期限があります。その間に済ませないと手続きが出来なくなってしまうケースも考えられます。
 

また、報告して書類を揃えるようになると、さらに時間を要します。引越しが済んだら、遅くても1週間以内に速やかに報告して下さい。

会社だけではなく、上司にも引越しの報告は必要?

引越しの報告は会社にさえしていればそれで良いとも言い切れません。
 

上司にはきちんと報告

「会社への報告は理解できるけど、プライベートな話でもあるから上司にまで知らせる意味はない」と言う訳ではありません。普段お世話になっている事も多い上司には報告しておきましょう。
 

  • トラブルになる場合もある

上司にしてみると、今まで信頼してくれていると思っていたのに知らなかった、後々他の人に部下が引越しした事を聞いたと言うのはショックですし、プライドが傷つく方もいます。
 

また、上司の立場ではお祝いをあげるなどの都合もあります。それがきっかけになって、上司とのコミュニケーションが上手くいかなくなってしまう事も考えられるため、忘れずに報告して下さい。
 

  • タイミング

引越しが決まった時と引越しが完了したら上司にも報告をしましょう。
 

  • 方法

会社への報告同様に口頭で報告します。仲の良い上司であってもメールやLINEなどで済ませるのはなく、口頭で伝えるのがマナーです。
 

同僚や部下にもお知らせ

いつも一緒に仕事をしている同じ部署の同僚や部下は、言わば仲間のような存在でもあります。上司の報告のように丁寧にする必要はありませんが、話くらいはしておいた方が良いでしょう。

引越しを報告しないままでいるとどうなる?

会社に報告をしないままでいると、会社側では必要な手続きがスムーズに行かなくなります。
 

特に総務はいろいろな仕事をしていますし、社員全員の手続きを担当しているので余計な仕事が増える事になります。
 

相手の立場になって、引越しに限らず必要な報告は速やかに行うのが基本です。
 

また、やるべき事が出来ない人だと言われて会社での評判にも関わりますので、注意して下さい。

社内に引越しを知られたくない人がいたら?

中には、会社に面倒な人がいてその人には引越しした事を知られたくない、と思っている事もあります。
 

大きな会社で仕事上でも関係のない人であればそのままでも良いかもしれません。しかし、上司であったり、仕事でも関わりがある場合は、そのままにしておくのは難しいでしょう。
 

また、人によっては、家に他の人を招くのが得意ではない場合もあります。家に行きたいなどと言われた時は、「まだ散らかっているので・・・。」などやんわり断りを入れるしかありません。

まとめ

引越しをすれば黙っていても会社は必ず分かります。ですから、自分で先に報告した方が良いですし、会社に属している以上その責任もあります。
 

さもないと、周りに迷惑をかけたり、自分の評判を下げる事にもなりかねません。そもそも単に住所の変更を報告するだけですし、例え気乗りがしなくても速やかに会社には報告しましょう。

 
 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法