引越し免許証変更手続き

引越しをする前もした後もいろいろな手続きのオンパレードになります。
 

意外にも忘れたり、後でいいやと思いがちなのが免許証手続きです。難しい、面倒と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。
 

今回は、引越ししたら早めに済ませておきたい、免許証に関する手続きについて、方法やタイミング、忘れた場合はどうなるのかなど詳しくご紹介します。

引越しに伴う免許証の手続き

住所変更手続き

免許証を持っている方は、引越ししたら免許証に記載されている住所の変更手続きをします。
 

これは、正しくは「運転免許証記載事項変更届」と呼ばれています。住所の他にも、「氏名」「本籍」に変更があった場合も手続きが必要になります。
 

住所変更を行うと、免許証の裏面に引越し先の住所が記載されます。
 

免許証の手続きがなぜ必要なのか

実は住所変更手続きを行わないと運転が出来ないと言う事はありません。変更しなくても運転は可能です。
 

しかし、変更手続きを行わないと免許証の更新時に送られてくるハガキが旧住所に届いてしまい、うっかり更新を忘れてしまう事態を招きかねないのです。
 

また、免許証は身分証明としての役割もあるため、住所変更手続きは行うべきです。

引越ししたら免許証の手続き!その方法は?

引越し前には出来ないの?

準備が良い方は、引越しに伴う手続きを早めに済ませてしまいたいはずです。基本としては、引越しした後に住所変更の手続きを取るようになります。
 

なぜなら、住所変更の際には新しい住所を証明するような、例えば住民票や健康保険証のような書類が必要になるので、その手続きをしておかなければならないからです。
 

しかし、引越し前に新しい住所に住民票を移してあるなら、新住所の住民票や健康保険証が取れるので手続きは可能になります。

手続きする場所は?

手続きを行えるのは2か所です。
 

新住所の管轄の警察署

警察署の中に「運転免許課」「運転免許窓口」などがあり、そこで手続きを行えます。
 

受付時間: 午前8時30分~午後5時 (午後12時~午後1時までは休み)
受付時間は警察署によって異なる場合があるので、事前に確認しておきましょう。
 

運転免許センター

受付時間: 午前8時30分~午後5時 (午後12時~午後1時までは休み)
こちらも各センターによって異なる場合があります。
 

参考:全国運転免許センター

休日でも出来るの?

警察署は、「月曜日~金曜日」までの平日に限ります。
 

多くの運転免許センターは「月曜日~金曜日」までの平日と「日曜日」も手続きを行えます。
 

土曜日は休みなのでご注意下さい。ですから平日は仕事で忙しい方は、運転免許センターが便利です。

いつまでに行うのか?

住所変更は行わなくても運転に支障はないので期限はありませんが、身分証明として活用する事などを考えると、早めに住所を変更しておいた方が良いので出来れば引越し後2週間以内に行いましょう。

免許証の手続きで必要な物は?

手続きに必要な物は、同じ都道府県内に引っ越す場合と、都道府県外に引っ越す場合とでは違いがありますので、確認してみましょう。
 

同じ都道府県内へ引越しした場合

  • 運転免許証記載事項変更届(警察署や運転免許センターに置いてあります)
  • 免許証
  • 印鑑(認印でもOK)
  • 新しい住所が分かる書類(住民票、健康保険証、社員証、学生証、年金手帳、公共料金のお知らせ、納税通知書など)

 

都道府県外へ引越しした場合

  • 運転免許証記載事項変更届(警察署や運転免許センターに置いてあります)
  • 免許証
  • 印鑑(認印でもOK)
  • 新しい住所が分かる書類(住民票、健康保険証、社員証、学生証、年金手帳、公共料金のお知らせ、納税通知書、外国人登録証明書など)
  • 6ヶ月以内に撮られた写真1枚(縦3㎝×横2.4㎝ 白黒またはカラー)

 
写真は申請用に使用するので、免許証の写真として使用する物ではありません。また、写真は不要な都道府県も多くあるため、最初に手続きを行う所に確認してからにしましょう。
 

外国人の方は外国人登録証明書も忘れずに持参して下さい。また、本籍や氏名も変更になる時は、本籍地が記載されている書類が必要になります。

料金は?

住所変更手続きは無料で行えます。

引越しと免許証の更新が近い場合は一緒にやる

引越しする時期と免許証の更新のタイミングが近い場合は、一緒に行えますしその方が便利です。
 

その際は、更新のお知らせハガキは旧住所に送られてくるため、郵便の転送サービスの手続きを忘れずに行っておいて下さい。
 
参考記事:引越ししたら郵便手続きが必須!転送サービスの利用方法をご紹介!

実家を離れて1人暮らしを始める場合も手続きはした方が良い!

進学や就職に伴い、実家を出て1人暮らしをする方の中には、「別に実家はそのままある訳だし、更新のハガキも実家に届くからあえて住所変更の手続きは必要ない」と思われる方もいます。
 

ですが、やはり免許証は身分証明として利用する事が多いので、1人暮らしになればさらに用途が広がります。
 

そのため、多少面倒に感じても必ず手続きをした方が良いです。いざという時に使えないとその方が後々面倒なります。
 

いつまでも住所変更の手続きを行っていないのは、社会人としてだらしないと思われる事もあるので、なるべく早めに済ませましょう。

困った!こんな時の解決法

免許証の手続きを忘れた

免許証の住所変更手続きには期限はありません。もし忘れた時は、気づいた時点で手続きを行えば問題ありません。出来れば早めに、忘れずに起こって下さい。

免許証を失くした

普段から運転をしている人は携帯しているので心配ありませんが、あまり免許証を使っていない方は、引越しのどさくさで失くしてしまう事もあります。
 

その場合は管轄の警察署、運転免許センターで再発行の手続きを行います。
 

  • 運転免許証再交付申請書(警察署、運転免許センターに置いてあります)
  • 運転免許証紛失・盗難てん末書(警察署、運転免許センターに置いてあります)
  • 印鑑(認印でもOK)
  • 身分証明書(健康保険証、年金手帳、パスポート、住民票、社員証、学生証など)
  • 申請用写真(縦3㎝×2.4㎝)1枚

 
これらを持参して手続きを行って下さい。また、都道府県によって必要な書類や認められている身分証明書が異なる場合があるので、先に確認しておいた方が良いでしょう。
 

もし、紛失した記憶がなく、盗難の可能性がある時は、警察署や交番などに届けておいた方が安心かもしれません。

海外に引っ越す場合の免許証の手続きはどうする

海外に引越しをする場合、免許証がどうなるのか気になります。
 

海外に引越している間に免許が失効してしまった時は、帰国後1ヵ月以内に必要な書類を揃えて運転免許センターで手続きを行います。
 

ただし、失効してから3年以上過ぎていると、試験を受けて免許を1から取り直す必要があります。
 

海外からは免許証の更新手続きは出来ません。ですから、海外に引っ越す場合は更新日など気を付けておきましょう。

まとめ

免許証は運転する時だけではなく、身分証明書として使う事の多い物です。
 

住所変更をしなくても運転するのに問題はありませんが、やはり引越ししたら速やかに手続きをしておいた方が何かと便利です。
 

また、新しい生活を始める上で、気持ちの面でもスッキリさせる意味でも大事な手続きです。
 

免許証の住所変更手続きに関する場所の受付時間や必要書類は、各都道府県によって異なる事があるため、気になる時は必ず確認してから手続きするようにして下さい。

 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法