引越し安いのは平日休日

引越しをする際に少しでもお得に出来ればそれに越した事はありません。実は休日や祭日に引越しするよりも平日の方が安く済ませられるなど、「日」を選ぶとより賢く引越しできます。
 

今回は、平日と休日の差はもちろんですが、その他月初めや月末など、日にちに関する気になる引越しのお得な情報をご紹介します。

平日が休日より引越しがお得なのはなぜ?

まず、ハッキリ言えるのは、引越しは休日より平日の方が断然お得です。それを踏まえてまとめてみました。
 

休日は人気がある

とにかく、休日、つまり土曜日と日曜日は引越しが集中します。平日は仕事があるため、休日に引越しを済ませたいと考えるのは当然です。
 

また、子どもがいる家庭では、平日はバタバタして預かってくれる人もなく、段取りが取りづらい事も挙げられます。
 

休日は人気があるので、業者もあえて料金を安くしなくても自然に仕事が入ってきます。引越し業者の余裕がある平日は、トラックなど使わないよりは値段を安くしても稼働させたいと考えています。
 

引越しする時は、可能であれば仕事のタイミングを見計らって、平日に休みを貰って行う方が賢明です。
 

しかし、誰もが平日に休みを取れる訳ではありませんので、他の方の迷惑にならないように、注意が必要です。
 

休日は割り増しになる

休日である土日や祝日は、10%~20%割り増しになる場合が多くあります。状況によっては30%も割り増しになってしまう事もあり、かなり差が出てしまいます。
 

休日は引越しの数が増えるため、業者は非常に忙しくなります。休日は人件費もかかるので、必然的にその分料金が高く設定されてしまいます。
 

平日でも差はあるの?

平日であればいつでも同じではありません。平日でも週末に繋がっている「月曜日」「金曜日」よりは、「火曜日」「水曜日」「木曜日」の方がさらに安く引越し出来る可能性が高まります。
 

少なくとも2日は引越しのために休みが欲しいと思った時に、火曜日~木曜日の間の連休は取りにくいのが原因です。
 

料金の差はどのくらい?

実際に、休日と平日では料金にどの程度差が生まれるのでしょうか。
 

  • 平均的とされている家族4人での引越しの場合は、 70,000円~120,000円程度
  • 単身での引越しは、20,000円~40,000円程度

 
これはあくまで平日の相場なので、休日はこの金額に10%~30%の割増料金がかかる事になります。さらに、さまざまなオプションや地域、引越し先の距離などによっても変わってきます。

月初めと月末は引越し料金は高くなる

引越し心づけ

金額の差は、その他にも要因はあります。あまり気にしない方もいますが、月初めや月末にも注目しておく必要があります。
 

賃貸契約が切れる

賃貸の場合、単純に考えても契約は月末に切れます。そのため、月初めや月末に引越しする方が増えます。そうなれば、業者も忙しくなるため価格は高くなってしまいます。
 

中には、家賃を日割りで計算してくれる大家さんや管理会社もあるいので、その日割りされた家賃と引越し料金の割り増し分をしっかり見比べてみて、安い方を選ぶようにして下さい。
 

大安も要注意

今でも昔ながらの「六曜(ろくよう)」にこだわる方も多くいます。六曜とは「大安」「先勝」「先負」「友引」「赤口」「仏滅」の6つを指し、日本ではお馴染みの暦注です。
 

基本的に引越しは「大安」の日にやりたい、仏滅は避けたいと考えている方が多いため、「大安の休日」は料金が高くなってしまいます。しかし、実際には仏滅の引越しは悪くいないとも言われています。
 

引越しするなら中旬

月初めと月末は引越しが増えるので、狙うなら中旬です。中旬は賃貸の契約上キリが悪いため、業者も手が空いている時期です。
 

契約の都合が付くのであれば、月の中旬頃の引越しが良いでしょう。

引越し業界の繁忙期はいつ?

どんな業界でも繁忙期と呼ばれる忙しい時期があります。引越し業界にも当然、繁忙期はあります。繁忙期は忙しくなるので、当然それだけ値段にも影響が出ます。
 

意外にもバラつきがある

実際、業者によって繁忙期にはバラつきがあります。
 

ですが、一般的に引越しの繁忙期は「3月~4月」「夏休み」「年末」など、区切りの時期だとされています。
 

繁忙期は、料金が高くなって予約が取りにくい、オプションなど十分なサービスを受けられない可能性などもあるので、避けられるなら避けたい時期です。
 

3月~4月

3月や4月は、転勤や移動の時期です。また、進学や就職に備えて引越しをする方も一気に増えます。
 

特に単身の引越しが多くなります。さらに、子どもがいる家庭では、学年や進学の時期に合わせて引っ越すケースもあります。
 

夏休みや冬休み

夏休みや冬休みの長期の休みに合わせて引越しを済ませてしまう家庭も多くあるため、夏休みや冬休み、またはゴールデンウイークやシルバーウィークなどのまとまった休みも繁忙期になります。
 

年末

年末の12月は、どこでも忙しい時期ではありますが、年末が繁忙期になるのは、人間の心理に関係しています。
 

みなさん早めに引越しをして、年末年始は新しい家でゆっくり過ごしたいと考えるのが原因です。
 

9月~10月

会社によってはこの時期に転勤の辞令が出る場合もあります。この時期は家族向けの引越しより単身者の引越しが増えます。
 

業者によっても差はありますが、これらの繁忙期は料金も高くなるので、注意して下さい。
 

閑散期はいつ?

引越し業者の閑散期は、「1月」「6月」「11月」です。この時期は、料金が安く、交渉もしやすいです。また、業者も忙しくないため、質が上がる場合もあります。

休日でも安く引越しをする方法

平日が安いのは分かっているけれど、休日しか時間が取れない方でも引越し費用を安く済ませる方法があります。
 

見積もりをいろいろ取ってみる

引越しする前は必ず見積もりを取るようにして下さい。
 

確かに面倒に感じるかもしれませんが、いろいろな業者から見積もりを取って、しっかり見比べてみましょう。1社だけの料金しか見ないのは損してしまう事にもなりかねません。
 

これは、休日や平日、繁忙期でも関係なく、必ず見積もりを比べなければお得に引越しは出来ません。
 

 

 

粘り強い交渉もカギ

「どうせ、休日や繁忙期は料金が高いから諦めている・・・」なんて思っても損してしまいます。ダメもとでも業者には粘り強く交渉してみて下さい。
 

その時は絶対に偉そうな態度を取ったりせずに、丁寧な対応を心掛けて下さい。料金を下げるのは難しくてもオプションなどをサービスしてくれる可能性がないとも言えません。とにかく諦めない事がカギです。

ズバリ!引越しするならいつが最安値?

では、ここまでご紹介した引越しの料金が安くなるタイミングをまとめます。
 

  • 平日(火曜日~木曜日)
  • 仏滅
  • 1月、6月11月の中旬

 
これが最安値で引越し出来るタイミングですので、参考にしてみて下さい。

まとめ

引越しはただでさえお金がかかります。引越しを機に新しい家具や電化製品に買い替える方も多いため、出来れば引越し料金を安く押さえたいと誰しも考えます。
 

仕事の都合もあるため、なかなか思う通りにはいきませんが、可能な限り時期やタイミングを調整してお得に引越しを行って下さい。