引越し料金安く

 
引越しはお金がかかるので少しでも安く押さえたいと誰もが思います。でも何をどうすれば安くできるのか、引越し慣れていない方にとっては難しい問題です。
 

そこで今回は、引越し初心者でも料金を少しでも安くする方法をご紹介します。
 

 

 

引越しの見積もりは必ず取る

 

見積もりがないと始まらない

引越しが確定したらまずしなければいけないのが「見積もりを取る」作業になります。
 

見積もりがないと、引越し費用がどのくらいかかるのか分からないので、特に引っ越しになれていない方には重要です。「引越しが決まったら、まずは見積もり」と覚えておいて下さい。
 

数社に見積もりの依頼する

有名な大手の引越し業者は信頼できるので、なんとなく1社に決めてそのまま契約してしまうのは避けて下さい。
 

なぜなら、引越し業者はそれぞれ微妙に料金やサービス、オプションが違うからです。引越しの形態によってお得な業者は変わってきます。
 

そこで1社に絞ってしまうと、他にも自分に合った業者やサービスを逃してしまう事もあります。少し面倒と感じても、必ず数社見積もりを取って下さい。
 

しっかり比べる

数社見積もりを取ってみて、大体同じだからなんとなく選んでしまうのは大変もったいないです。
 

それぞれの業者の見積もりをしっかり見比べると、最安値の業者はおのずと分かるため引越し費用は安く抑えられます。
 

値段交渉は必ずする

  • 見積もりを取ったら思ったより安かった
  • 営業マンに「凄く値引きしておきました」と言われた
  • 忙しくて暇がない

 

そう言った場合、あまり値引き交渉をしない方もいます。ですが、少しでも安くしようと考えるなら、必ず値引き交渉をして下さい。
 

断られる事もありますし、できない時もあります。それはそれで仕方がありませんが、言ってみるだけタダなので遠慮しないでハッキリと言ってみて下さい。
 

交渉時は、漠然と「値引きして欲しい」と言うより「○○の料金を値引きして欲しい」と具体的に言うと、引越し業者さんも考えやすくなります。
 

また、「○○は値引きできませんが、△△なら大丈夫です」と発展する可能性もあります。
 

一括見積がおススメ

引越の見積もりを何社も取るのは、かなり骨の折れる作業です。それを簡単にしたのが、一括見積もりサイトです。これは、サイトに条件を打ち込むだけで一度に数社の見積もりが取れます。
 

時間を気にせずに連絡ができるのも忙しい方には好都合です。その日か翌日くらいには、見積もりがメールなどで送られてくるので、大変便利です。
 

まとめ見積もりが取れて、比較するのも簡単なので最近の引越しの新常識になりつつあります。
 
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法
 

 

引越しの荷物はできる限り少なく

荷物が増えれば料金も増える

1番手っ取り早く引越しを安く抑える方法は、荷物を減らす事です。基本的な引越し料金は、トラックの大きさや数、スタッフの人数、移動する距離によって決まります。
 

つまり、荷物が多いとその分トラックやスタッフが必要になるため料金は上がります。
 

上手に詰める

例えば、段ボールに衣類を詰める時に、ぐちゃぐちゃに詰めるよりもキレイにたたんで隙間が無くなるように上手に詰めれば段ボールの数は少なくて済みます。
 

衣類だけではなく、上手に荷物を詰めるように心掛けると荷物が随分減ります。そのためには、引越しの準備を余裕を持って行う必要があります。
 

ギリギリになって準備を始めると、きちんと詰め込む時間がないので荷物が思ったより増えてしまう事態にもなり兼ねません。ですから、引越し荷物の梱包は早めに始める事が大切です。
 

いらない物は処分する

引越し準備をする中で必ず出てくるのは、衣類や家具、家電などの「不要な物」です。この「不要な物」を処分すれば荷物が劇的に少なくなります。処分の方法は、
 

  • リサイクルショップに売る
  • ネットオークションで売る
  • 譲る
  • 捨てる

 

など、さまざまありますが、リサイクルショップやネットオークションで売ると不要な物を処分できて、さらにお金になります。
 

引越し業者では、オプションで不要な物の買取りなども行っているので、見積もりの際に確認して下さい。
 

引越し業者のオプションを減らす

引越しはオプションが多い

基本的な荷物の積み下ろしなどは引越し料金に含まれますが、細かい作業の多くはオプションになります。
 

  • 荷物の梱包、荷ほどき
  • ゴミの処分
  • 大型家電の取り外しや設置
  • ハウスクリーニング
  • 害虫駆除
  • インターネットの申し込み
  • TVなどの配線
  • 引越し挨拶の手土産
  • 引越しの挨拶状

 

などなど、たくさんあり非常に便利です。ですがこれらは全部別に料金がかかります。
 

 

できる事は自分でやる

便利なオプションを利用すれば、便利ですし忙しい方には大きな助けになります。ですが、オプションを多く追加すれば、引越し費用は安くはなりません。
 

見積もりの中からできる作業は外して自分で行えば、引越しの費用を安く抑える事が可能です。そのためにも見積もりを取って、確認する作業は忘れないようにして下さい。
 

引越しは早めに予約すると早割がある

いくつかの引越し業者には、早割があります。早割は、その名の通り早めに予約する事で割引を受けられるサービスです。
 

引越しの予定が早めに分かっていれば、非常にお得になります。早割を行っていない業者もありますので、見積もりの際に確認して下さい。
 

早割の他にも割引はたくさんある

引越し業者には、早割の他にさまざまな割引サービスがあります。
 

  • 学割
  • 友達割
  • ネット割
  • シニア割
  • リピート割

 

割引の率などは業者によっても違います。また、割引ではなくプレゼントをくれる業者もありますので、確認して下さい。
 

引越しの時期と日にち時間を選ぶ

引越し料金を安くするなら、時期や日にちは外せない要素です。
 

繁忙期は高い

繁忙期と呼ばれるのは、引越しが多い「3月~4月」です。この時期は引越しが増えるので、トラックもスタッフも空きがありません。ですから必然的に料金が高くなります。
 

時間に余裕があるのなら、この時期の引越しは避けて5月以降にずらすなど工夫をすれば安くなりますし、予約も取りやすくなります。
 

土日は高い

土曜日や日曜日は休日の方が多いので引越しが集中します。土日に並んでいる金曜日や月曜日も人気があるので、引越し費用が跳ね上がる可能性があります。
 

できれば火曜日、水曜日、木曜日、平日の真ん中辺りは安くなるチャンスです。
 

午前中は高い

引越し作業はなるべく早く済ませたいと思うため、午前中を希望する方がたくさんいます。
 

早起きは得意ではないなど引越しを急がないのであれば、午後や夕方を選択する事で安く抑えられます。
 

月末や月初めは高い

賃貸住宅は契約が切れるのが月末が多いので、月末や月初めの引越しは増えます。そのため中途半端な月の中頃は安く済ませられる可能性が高いです。
 

フリー便を利用する

引越しの日時を指定しない、いわゆる「フリー便」はお得に引越しができるポイントです。
 

フリー便の細かい内容は、引越し業者によって差がありますが、基本的には日にちや時間が選べない、距離が決まっているなどの条件があります。それがクリアできればおススメの引越し方法です。
 

参考記事:引越しが安くなる時間帯|午前と午後では大違い

引越し作業は焦らず計画的に

引越しする時はいろいろな手続きや作業があるため、非常に忙しくなります。全てに時間をかけている暇はないのは事実です。
 

ですが、急を要するような引越ではない限り、焦りは禁物です。焦ると、見積もりを確認しきれない、荷物が処分できない、梱包が雑になって荷物が増えて、損をする可能性が高くなります。
 

ですから、なるべく焦らずに計画的に引越し作業が進められるようにして下さい。
 

まとめ

引越し料金は、さまざまな方法で安くなります。多少の面倒はありますがどれもちょっとした事なので、難しい訳でもありません。安くなる方法を駆使して、自分の予算に合った引越しを行って下さい。