引越し洗濯機

 
引越しの際の大きな荷物と言えば洗濯機です。
 

そのまま簡単に運んで設置できると思っている方もいるかもしれませんが、引越しのために準備も必要になります。
 

今回は、引越しの時の洗濯機の準備や費用やについてご紹介します。
 

引越しと洗濯機

洗濯機はいつまで使えるの?

引越しの前日まで生活している限り、必ず出てくるのが洗濯物です。洗濯機はなるべくギリギリまで使いたいと思っている方も多いです。
 

しかし、引越しするにあたって、洗濯機は準備が必要になります。一番大事な作業は「水抜き」です。
 

水抜きは、洗濯機内に残っている水を出す作業ですが、これを行わないと洗濯機を運んだ際に水が漏れてしまったり、故障の原因にもなるので、必ず行わなければなりません。
 

水抜きは時間のかかる作業ではないので、引越しの前日でも間に合います。さらに言えば、引越しの当日でも可能です。
 

ですが、引越し当日はバタバタと忙しいので、前日の夜までに水抜きの作業は済ませるのが理想です。
 

洗濯機の準備はどうすればいいの?

水抜きも含めた洗濯機の引越し準備をまとめてみました。
 

  • 水抜き

水抜きは難しくない作業なので、誰でも簡単にできます。「給水ホース」と「排水ホース」の2つを水抜きします。ここでの注意点は、必ず給水ホースの水抜きを先に行う事です。
 

給水ホースの水抜き方法
 

①蛇口を閉める
②洗濯機の中を空にする
③電元を入れて、洗濯機を数十秒程度回して止める
※給水ホースに残っている水が洗濯機に流れます。
④蛇口から給水ホースを外して残った水を抜く
※この時水が垂れるので、バケツや洗面器などを置いて下さい。
 

排水ホースの水抜き方法
 

①洗濯機の脱水ボタンを押して脱水する
②脱水終了後に洗濯槽内をタオルで拭く
③排水ホースを外して残った水を抜く
※排水ホースを外すと水が出るので、タオルや雑巾などを敷いて床が濡れないようにして下さい。
 

給水ホース、排水ホースのどちらも外す時は丁寧に外すようにして下さい。乱暴に扱うと壊れたり、形が変わってしまう事もあります。
 

また、メーカーによっても多少の違いがあるので、説明書などで確認して下さい。
 

  • ホースはまとめておく

ホースを適当に荷物に詰め込んだりすると、形が変わったりする原因になります。
 

そうなると新居で設置する際に、上手くはまらなくなってしまう可能性もあるので、ホースは巻くなどしてキレイにまとめておきましょう。
 

  • 付属品をまとめておく

洗濯機に限らず、細かい付属品は引越しの際に紛失しやすくなります。
 

付属品を失くすと買い直さなければならない事もあるので、きちんと1つにまとめて分かりやすくしておきましょう。
 

引越し業者に全部依頼できるの?

引越し業者には基本的に全部依頼する事ができます。
 

ただし、洗濯機の「取り外し」と「設置」については、無料で行ってくれる業者とオプションになる業者があるため、必ず確認して下さい。
 

引越し業者で水抜きもしてくれるの?

前日までに水抜きを済ませておけば、それ以降の引越し業者がもし、「水抜きは面倒、やる時間がない、忘れた」場合は、引越し業者にお願いする事も可能です。
 

ですが、オプションで別途に料金がかかるケースや無料で行ってくれるケースなど、業者によって違いもあるため、お願いする時には必ず確認して下さい。
 

洗濯機だけの引越しも可能

例えば、荷物は少ないから自分で運べるけれど、さすがに洗濯機は運べない場合は、大手などの引越し業者では、大きな家具だけの引越し作業も扱っているため、洗濯機だけの引越しもできます。
 

洗濯機は重さもあって、素人が運ぶとケガをしたり故障の原因にもなってしまうため、無理をしないでこのサービスを利用するのがおススメです。
 

大型家具や家具だけの引越しなど、サービス名をホームページに明記している業者だけではなく、問い合わせると洗濯機だけの引越しも請け負ってくれる業者はあります。
 

特別にサービスを謳ってない場合でも、依頼できるかどうか業者に直接問い合わせてみて下さい。気になる料金は、引越し業者、距離などによって差があります。
 

どこでも同じ料金ではありませんが、6,000円程度~13,000円程度で行ってくれます。洗濯機だけの引越しの場合、取り外しや設置は別料金になる事も多いので、注意して下さい。
 

 

宅配業者に依頼できるの?

洗濯機だけの引越しであれば、宅配業者にお願いする事もできます。別途料金はかかりますが、輸送だけではなく設置まで行ってくれる場合もあります。
 

思い切って新品の洗濯機を買うのもお得

洗濯機も古くなってきてそろそろ買い替え時なら、思い切って買い替えてしまった方がお得な場合もあります。
 

古い洗濯機をわざわざ運んですぐに壊れてしまったら、せっかくお金を払って運んだ意味がありません。洗濯機を買い替えるなら、主に2つの選択肢がありますが、それぞれに特長があります。
 

お子さんがいて衣類を汚すから、洗浄力を重視するなら「縦型」。仕事で忙しくて乾燥までするから乾燥力を重視するなら「ドラム式」、など生活に合わせて洗濯機を選んでみて下さい。
 

引越ししたら洗濯機はすぐに使えるの?

引越しする前は洗濯機も準備が必要でしたが、引越し後はそのままつかえるのでしょうか。
 

同じ大型の家電で言えば、冷蔵庫は引越し後すぐには使えませんが、洗濯機は設置が完了すれば使う事ができます。
 

意外と多い引越し先での洗濯機トラブル

いざ新居に洗濯機を搬入して設置する段階になって、トラブルに気付く事もあります。考えられるトラブルとしては、
 

  • 洗濯機の防水パンがない
  • サイズが合わない
  • 洗面所のドアに入らない
  • 部品や装備品を失くした

 

などが挙げられます。これらは事前に確認できていれば防ぐ事が可能なので、引越し前までに必ず確認して、当日に余計な作業や悩みが増えないようにしておきましょう。
 

少しでも引越し費用を安くしたいなら一括見積もり

引越しを安くするために欠かせないのが見積もりです。見積もりを取るメリットは、たくさんある引越し業者の料金を比べる事ができるところにあります。
 

見積もりを見比べてみれば、最安値の業者がすぐに分かります。また、料金の割引交渉を行う時も役に立ちます。
 

忙しい中でたくさんの引越し業者に見積もりをもらうのは、非常に面倒で骨の折れる作業です。そこで注目したいのが「一括見積もり」です。
 

一括見積もりなら、面倒な見積もり作業も一度で済んで簡単にできます。さらに一回に数社の見積もりが出せるので、比較にも便利です。
 

まとめ

引越しの際には、洗濯機は水抜きなどを前もって行う必要があります。洗濯機の引越しは自分で行うと大変な作業になります。
 

ですから、引越し業者や宅配業者を利用すれば安心です。洗濯機だけの引越しも可能なので、自分に合った方法を選択してください。