引越しごみ

引越しをする際に自然と多く出るのがゴミです。中でも粗大ゴミはどこにどうやって処分したら良いのか迷ってしまう方もいるはずです。
 

今回は、お得な方法も含めた、ゴミの処分方法について詳しくご紹介します。

引越しのゴミってどんな物がどのくらいあるの?

思っている以上にゴミは出る

特に長い間住んでいると知らず知らずのうちに物が増えていきます。しかも、その中の多くは既に存在すら忘れていたります。
 

つまりゴミも多くあると言う事になります。引越しの荷造りや片付けを始めると、「あれ?こんな物持ってたんだ」と思う事も多々あります。
 

引越しを機に不用品は処分する

引越しする際には、不要な物はどんどん処分するのがお勧めです。不要な物をわざわざ新居に持って行く必要はありません。
 

これを良い機会だと捉えて、思いっきり処分してしまいましょう。しかし、勢いに乗って、必要な物まで処分しないように気を付けて下さい。
 

家具や家電の買い替えチャンス

新しく家を購入すると今まで使っていた家具や家電が言えの雰囲気に合わなくなる場合があります。その時は、まだ使えるけれど新しい物と換えたくなります。そうなると大きなゴミが増えます。

引越しの粗大ゴミの処分方法

大きなゴミ、いわゆる「粗大ゴミ」はあまり出した事がないから、処分の方法が分からない方もいます。
 

粗大ゴミは普通には捨てられない

粗大ゴミは、燃えるゴミや燃えないゴミとして普通に処分出来ません。しかるべき方法で処分する必要があります。もし面倒くさいから、よく分からないからと言う理由で一般のゴミの日に出しても収集してくれません。
 

そうなれば、ご近所の方やマンションの住人や管理人さん、大家さんなどに多大な迷惑をかけます。また、その辺に捨てると「不法投棄」となって、罰せられる可能性も大いにあるため、くれぐれも気を付けて下さい。

行政に依頼する

まずは、行政にお願いして処分してもらう方法が手っ取り早いです。
 

方法

思い立ってすぐに処分してもらえる訳ではありません。まず、各地域の「粗大ゴミ受付センター」に連絡をして「予約」を取る必要があります。
 

その後コンビニなどで料金を支払うと、「シール」がもらえます。それを予約した日の当日にゴミにシールを貼って出しておくとゴミを引き取ってくれます。
 

ゴミを出す場所は、地域によっても「家の前」「指定の取集場所」など差があります。
 

料金

ゴミの種類によっても違いますが、数百円~と料金設定は安いです。無料で行う自治体もあります。
 

注意点

行政の収集は料金が安いため人気があります。ですから予約が取れない場合もあります。
 

引越し日のギリギリだと間に合わない可能性もあるため、早めに予約する必要があります。また、粗大ゴミとして取集できない物もあります。
 

「引火性のある物」「有害性のある物」「タイヤ」「ピアノ」「一部の家電」など処分出来ない物もあります。

行政の処理施設に直接持ち込む

引き取りが不可能なゴミなども一緒に行政の施設に持ち込む方法もあります。
 

方法

自分でゴミ処理施設に持って行きます。車が必要だったりと手間はありますが、まとめて処分出来るメリットがあります。
 

料金

ゴミの重さによって料金が決まります。料金はかなり安く、車にたくさん積んでいっても数百円で済む自治体もあります。
 

注意点

土日は開いていない場合があります。

不用品回収業者に依頼する

軽トラックなどで業者が地域を回ったり、自分で直接業者に持ち込む方法です。
 

方法

自宅の周辺を回っている業者を呼び止めるか自分で持って行きます。行政の粗大ゴミの回収よりは、引き取ってくれる粗大ゴミの種類は多い事や土日、祝日でも引き取ってくれるのが特徴です。
 

料金

数千円~数万円、ある程度の融通が利くので、その分料金が高い場合もあります。
 

注意点

悪徳業者と呼ばれるような所もあります。処分したと偽って、その辺に不法投棄などをしている業者や最初に言った料金より高く請求される事もあるため、業者選びは慎重に行って下さい。

家電リサイクル法に基づいて廃棄物を処理する

家電の中には「リサイクル家電」に指定されている物があります。
 

  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機、乾燥機
  • 冷蔵庫、冷凍庫

これらは、処分の方法が
 

方法

1.新しく購入したお店や購入したお店に依頼する
お店に依頼すると指定された日時に業者が回収に来ます。
 

2.自分で指定の業者に持ち込む
郵便局で申し込んで、指定の業者に自分で持って行きます。
 

家電リサイクル券

どちらの方法でも家電リサイクル券に記入する必要があります。
 

  • 1の場合は、店舗もしくは回収の際に記入。
  • 2の場合は、郵便局で記入

 

料金

  • エアコン  1,000円程度~
  • テレビ   2,000円程度~
  • 冷蔵庫、冷凍庫  4,000円程度~
  • 洗濯機、乾燥機  2,500円程度~

 
メーカーによって料金が異なります。さらに運搬費や回収費がかかります。
 

参考:経済産業省HP http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/fukyu_special/

引越しで出た粗大ゴミや不用品でお小遣い稼ぎも出来る

まだ使えるので、処分するのはもったいない家具などをお小遣いにする方法もあります。引越しはなにかとお金がかかるので、少しでも現金になれば助かります。
 

使える家具はリサイクルショップに売る

家具や家電などは、リサイクルショップに売る方法がお勧めです。安く買い取られてしまう事もありますが、お金をかけて処分するよりも少しでもお金にした方がお得です。
 

反対に、意外に高く買い取ってくれて驚く事もあります。
 

必要な人に譲る

友達やご近所さんに欲しい方がいれば、その方に譲るのも良いでしょう。引き取りに来てもらえば、自分で処分する手間も省けます。無料だと喜ばれますし、安い金額で譲ればお互いに気も使わずに済みます。
 

オークションで売る

ネット時代ならではですが、最近ではネットオークションで売る方法もあります。
 

初めてネットオークションを利用する時は、顔が見えない相手との取引なので、気持ち良くスムーズに取引が出来るように気を付けて下さい。
 

売る前に確認する

売ったり、譲ったりする前には、必ず稼動するかどうか、目立った傷などがないか確認して下さい。

引越しのゴミは業者に頼めるの?

引越し業者についでにゴミの処分をお願いする事も可能です。これは、オプションになるので、見積もりを取る時に相談して下さい。
 

自治体の回収や持ち込みに比べると料金は高くなってしまうため、引越し業者粗大ゴミをお願いするのは、予約が取れなかった、どうしても処分出来なかったなど、最終手段にしておくのが良さそうです。
 

また、引越し業者に依頼する際は、「委任状」が必要になる場合もあります。
 

引越し業者によっては、不用品の買い取りまで行っているので、気になる方は是非相談してみて下さい。ただし、引き取れない物もあります。
 

ヤマトホームコンビニエンス:http://www.008008.jp/life/buy_detail/
 
サカイ引越センター:http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/kaitori/

子どもの工作は捨てられない?!

子どもの工作や思いでの品はいらないような気がしても捨てられない物の1つです。
 

思い切って処分

この際ですから、思い切って処分してしまっても良いかもしれません。作った子どもは忘れてしまっているケースもあります。
 

選別する

子どもと一緒に選別して、どうしても手元に置いておきたい物を選別するのも良いでしょう。成長を確認する機会にもなります。
 

写真に撮る

「全部取っておきたい」、「1つに決められない」と言う場合は、全て写真に撮って記録としてデータを残しておくのも良いです。手軽でみたい時にすぐに見る事が出来ます。

まとめ

引越しの時に出るゴミはさまざまあります。処分する、売る、譲るなど早めに整理して、後になって慌てないようにして下さい。
 

また、処分する際には決まりがありますので、それをしっかり守るように注意して下さい。いらない物はきちんと処分して、スッキリとした新たな気持ちで新生活を始めましょう。
 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法