引越し荷造り

引っ越しの経験が豊富な人はなれていますが、初めての人にとってとまどうのは荷造りや梱包などの方法です。
 

何をどう始めれば良いのか分からずに、ギリギリになってもあまり進んでいない、と言う事態も考えられます。
 

今回は引っ越しを手際よくするための荷造りや梱包、さらには、どうしても荷造りしている暇がないかたのための最終手段まで、詳しくご紹介します。

荷造りはいつから始めるの?

荷造りは焦ってやると後で後悔する事もあるため、出来るだけ早く始めて時間に余裕を持てるようにして下さい。
 

家族で引っ越しをする場合や荷物が多い方は、大体1ヵ月くらい前から始めるとじっくりゆとりを持ってやる事が出来ます。
 

一人暮らしや荷物が少ない場合は、2週間程度を目安に始めましょう。

早く片付けて良い物

まず、普段使わない物は早めに片付け始めましょう。
 

例えば、

  • 昔の写真やアルバム
  • 今の季節以外の物(季節外の家電、衣類など)
  • 滅多に使わない物(客用の布団、)

 
これらは、引っ越しするまで使う事はほぼ無いので、早めにまとめても大丈夫です。

徐々に片付ける物

徐々に片付けていくのは、引っ越し前1週間前を目安に始めましょう。
 

必要な食器以外は片付け始めても大丈夫ですし、後1週間は使わなくても済みそうな物は箱に詰めます。
 

ガムテープではまだ留めないでおけば、万が一必要になってもすぐに取り出せます。

引っ越し直前で良い物

引っ越し直前とは、「2,3日くらい前~前日まで」と考えて下さい。
 
この時期にはほとんど荷造りが完了しているのが理想です。この辺りでは、必要最低限の物だけ残しておきます。
 

  • 掃除用具
  • 必要最小限の洋服
  • 身の回りの物(タオルや洗面道具など)
  • 学校用品
  • 筆記用具やハサミなどの文房具
  • 最低限の調理道具と食器

 
これらのような身の回りの物だけを残して後は荷造りしてしまいましょう。食器は、紙皿や紙コップを使うようにすれば問題ありません。

冷蔵庫と洗濯機

洗濯機や冷蔵庫は水抜きや霜取りの必要があるので、前の日には電源を抜いておく必要があります。
 

これをしないと、引っ越しの作業の際に水がこぼれたりして仕事が増えるので忘れずに行って下さい。冷蔵庫の中身は必ずカラにして下さい。
 

冷凍庫の中の食品も使い切るようにして、絶対に中に物を残さないように気を付けましょう。

引っ越し当日

引っ越し当日に梱包するのは、前日まで残しておいた物をまとめるだけにしておきます。
 

これらは引っ越ししたその日にも必要になるので、まとめて1つの段ボールに梱包してしまいます。

思い切りも大事!まずは仕分けでスッキリ

生活していると物はいつの間にか増えます。引越しをするからと言って、全ての物を持って行く必要はありません。

引っ越しは断捨離するチャンス

最近巷では「断捨離」がブームになっています。実は引っ越しは断捨離を行う良い機会です。
 

今までなんとなく取っておいた物を思い切って処分するチャンスと捉えましょう。
 

また、荷物が多ければそれだけ引っ越し費用も労力もかかるので、この際いらない物は捨てて、スッキリしてみて下さい。

子どもの思い出は写真で取っておく

子どもの工作や絵は思い出が詰まっているので、なかなか処分出来ません。ですが、出して見る事はほとんどないと言っても過言ではありません。
 

ですから、よほど大事な物ではない限り、写真に撮っておいて1冊のアルバムにしたり、データとして取っておく方法もあります。

いらない物は売ってお金にする

今は読まない本やCD、DVDなどは売ればお金になります。
 

郵送でも買取をしてくれるお店もあるので、捨ててしまうのはもったいないです。
 

その他、家具や洋服なども引き取ってくれるお店がありますので、上手に活用して下さい。

手あたり次第はダメ!順序良く

荷造りになれていない方は、片付ける時あちこち手を出して、なかなか進まない事があります。荷造りや片付けには順序があります。
 

荷物部屋を確保する

もし、使っていない部屋があれば、その部屋を引越しまでの間は荷物専用部屋として活用しましょう。
 

各部屋に荷物があるより運びやすいですし、引っ越しまでの間も過ごしやすいです。
 

どの部屋から始めるの?

物置や押し入れなど、今まであまり立ち入らない所も最初のうちに片付けます。
 

部屋ごとに段ボールにまとめる

引っ越し先でも各部屋で使う物は決まっています。同じ部屋の物は段ボールに梱包した後も各部屋ごとにまとめておけば、引っ越し後の荷ほどきも楽になります。
 

段ボールのサイズ

引っ越し業者から段ボールを調達する場合は、サイズが決まっていますが、自分でスーパーなどから段ボールを貰ってくる時は、サイズには気を付ける必要があります。
 

サイズはある程度同じものでないと、梱包する時も運ぶ時も扱いにくくなってしまいます。
 

ある程度一気にやる

引っ越しの片付けを始めたら、「今日はこの部屋」と決めてある程度一気にやってしまう方が良いです。
 

ちょこちょことやっていると、結局スムーズに進まずに思ったより時間がかかってしまう場合もあります。

実はポイントがたくさん!梱包のコツ

梱包に必要な道具

梱包する時に絶対に必要な道具やあったら便利な物があります。
 

  • ガムテープ
  • ハサミ
  • カッター
  • マジック
  • 軍手
  • ビニールひも
  • ゴミ袋
  • 雑巾
  • バケツ
  • 新聞紙
  • 輪ゴム
  • 工具

 
必要な物はいちいち取りに行くと時間の無駄になります。始めに集めておいて必要な時にサッと出せるようにします。

段ボールにジャンルを記入する

引っ越し業者の段ボールには、側面に記入出来るようになっています。
 

そこに部屋やジャンルを記入しておけば、引っ越し先で「あれどこだっけ?」と探す必要がありません。
 

記入するのは面倒に感じるかもしれませんが、断然便利なので、忘れずに記入して下さい。

全部段ボールに入れないとダメなの?

もし、段ボールにいれないままだと運搬する時に、その上に荷物を重ねられません。そうなると荷物を積める場所が減ってしまいます。
 

運ぶ時も積む時も掴みにくいなど作業に手間取ってしまうケースもあるので、荷物は段ボールに詰めるのが基本です。

引っ越し先ですぐ使う物はまとめる

引っ越し先ですぐに必要になる物は1つの段ボールに詰めておきます。
 

荷ほどきに必要な道具や掃除用具、日用品は当然ですが、意外に忘れてしまうのがトイレットペーパーです。
 

トイレットペーパーはすぐに出せる段ボールに一緒に詰めておきましょう。

布団類は圧縮する

布団は運ぶのが不便です。そこで、布団や座布団などは圧縮してコンパクトにします。
 

布団圧縮専用の袋は100円ショップでも販売しています。そのまま収納も出来るので便利です。

包丁類は特に気を付けて

包丁などの刃物類は分かるように梱包しなければ危険です。
 

  • 段ボールで刃物を挟むようにして、ガムテープで留める
  • ダオルで巻いて輪ゴムで縛る

 
などを参考にして、危険のないようにしましょう。

灯油は不可

ほとんどの引っ越し業者は、灯油など引火性のある物は運んでくれません。
 

ですから、灯油は自家用車があるなら自分で運ぶか、ガソリンスタンドや灯油を扱っているホームセンターなどで処分してもらうしかありません。
 

全てのガソリンスタンドやホームセンターで処分出来る訳ではないため、あらかじめ確認が必要です。

引っ越し業者さんに荷造りも頼める

最近では、片付けや荷造りをする時間がない方や小さいお子さんのいる家庭のために、引っ越し業者が代行してくれます。

どの引っ越し業者さんでもやってくれるの?

多くの引っ越し業者でオプションとして行ってくれます。見積もりなどの段階で、可能かどうか確認しておくと慌てずに済みます。
 

業者によっては、全てまとめてパックになっています。そのため、引っ越し先に到着した後の荷ほどきまで行ってくれるため便利です。
 

荷造りの専門業者もありますが、契約など1度で済む引っ越し業者のオプションがおススメです。
 

費用は?

  • 単身の場合 20,000円程度
  • 家族の場合 40,000円~100,000円程度

 
荷物の量によっても費用に差があります。
 

日数はどのくらいかかるの?

引っ越し業者にもよりますが、引っ越し前日と当日で作業を行います。前日に細かい物の荷造りをして、当日に大きな物の荷造りをする流れになります。
 

触られたくない物は自分で梱包して、その他の物は業者に頼むなど方法はさまざまあります。見積もりの際に、気になる点は聞いておきましょう。

まとめ

引っ越しの荷造りは2,3日で出来るものではありません。きちんと計画性を持って行うべきです。
 

時間がなかったり、荷造りに自信がない方は引っ越し業者のオプションやパックなどを利用して、スムーズに引っ越しを行いましょう。

 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法