引越しが決まったら、まずは見積もりを取るのが基本です。「それは分かっているけれどもどのタイミングで取りに行けば良いのか、よく分からない」と言う方も多いです。
 

今回は、お得な引越し見積もりのタイミングにつてご紹介します。
 

 

引越しの見積もりは早い方が良い

結婚離婚で引越し

 
引越しの見積もりは可能な限り早く取った方が良いと言われるのには訳があります。これは、引越し費用の節約にもなるので、必ず確認して下さい。
 

早期割引がある

料金の面で言えば、一部の引越し業者では、1ヵ月前など早めに見積もりを取って契約すると「早割」があります。早割の対象が「単身」「WEB申し込み」だけに限定されている事もあります。
 

ホームページなどで早割に言及していない引越し業者でも、早割に対応してくれる事もあるので、必ず確認してみて下さい。
 

ヤマトホームコンビニエンス

繁忙期でも予約しやすい

引越し業者の繁忙期は3月~4月です。その他にもお子さんの長期間の休みである夏休みや冬休み、ゴールデンウイークなども比較的忙しい時期になります。
 

その時期は引越しをする方がどっと押し寄せるので、自分の希望の日に予約が取りにくくなります。特に、土日や祝日などの、ただでさえ人気のある日は余計に予約は取れません。
 

ですが、早めに見積もりを取って早々に契約すれば、それだけ希望日を予約できるチャンスが大きいです。
 

じっくり比較できる

バタバタと事を決めてしまって、後になって後悔した経験がある方は多いはずです。
 

引越しも同じで、急な引越しなら仕方がないですが、せっかく時間があるのにギリギリになって引越し業者を探し始めたため、料金の比較などもしないで決定してしまうと必ず損をします。
 

いろいろな引越し業者の見積もりを取って、じっくり比較すると最安値の業者がわかりますし、値引き交渉の時間も確保できます。
 

計画的な引越しができる

引越しは段取りが大事です。これができないと当日になってトラブルが起きる可能性が高くなります。
 

時間が多少遅れるくらいならまだいいですが、余計な作業が増えて追加料金を支払わなければならないケースも出てきます。
 

お金である程度解決できる事ではなく、ケガに繋がる危険性もあるので、計画性を持って余裕のある引越しを目指す必要があります。
 

引越し見積もりのタイミングが遅れると損?

 
ハッキリ言ってしまえば、繁忙期は無理でトラックとスタッフさえ余裕があれば、引越しは当日でもできます。
 

ですが、荷物の少ない単身でもない限りそんな悠長な事は言っていられません。見積もりのタイミングが遅れるごとに少しずつ確実に損しています。
 

日にちや時間が制限される可能性

見積もりを2週間、1週間前に取り始めると日にちによっては既に予約で一杯の状態です。土日や祝日、その周辺の曜日の予約は難しくなります。そうなると引越しをずらさなければならなくなります。
 

お子さんがいた場合、学校関係などの全てのスケジュールの変更を余儀なくされてしまいます。また、平日しか予約が取れずに会社に迷惑をかける事にもなりかねません。
 

バタバタした引越しになる

希望の引越し日が予約できずに、早めに引越しをするしかなくなると、のんびりはしていられません。日頃の生活でもバタバタして慌ただしく外出すると、忘れ物など失敗する事があります。
 

引越しは外出よりも数段面倒で大掛かりな出来事なので、笑い事では済まされません。バタバタと引越しをすると、必ずトラブルやハプニングが起きます。
 

引越しがスムーズに進まなくなるだけではなく、追加料金や考えてもいなかったオプションを頼む事になり予定外の出費をする羽目になります。
 

割引が少ない

早めに見積もりを取って契約まで進めると早割を適用してくれる業者があります。また、引越し業者も早く契約をしてもらいたいので、特典や値引きを付けてくれる事があります。
 

ギリギリになって契約すると、業者にも焦りが伝わるので強気に出てくる可能性があります。ですから、なるべくたくさん割引などをしてもらいたいなら、ゆとりを持って見積もり作業をして下さい。
 

引越し見積もりの理想のタイミング

では、実際にどんなタイミングで引越しの見積もりを取るのがベストなのでしょうか。
 

家族での引越しなら1ヵ月前

荷物の量なども普通で家族での引越しであれば、1ヵ月前くらいから見積もりを取り始めれば十分です。
 

1ヵ月あれば、自分たちが希望する引越しの内容も分かってくるので、全体像も見えてきます。引越しまで1ヵ月程度の時間があれば、新しい家具や家電も探せるので、それに合わせて荷物の量も分かります。
 

単身ならもっとゆっくりでも大丈夫

単身で荷物が少ないなら、2~3週間前くらいでも大丈夫です。実際に多くの単身者はそのくらいのタイミングで見積もり依頼をしています。
 

ですが、引越しの希望日が限られている、荷物が多いなど心配があるなら、1ヵ月前など早めに見積もり依頼をしましょう。
 

繁忙期なら多少早めに始める

家族でも単身でも繁忙期に引越しを予定しているなら、1ヵ月前ではなく、2ヵ月前くらいから見積もり作業を始めて下さい。
 

人気のある日は予約が取れなくなりますし、もし希望日が無理なら仕事の都合も付ける必要が出てきます。ですから、繁忙期やその他の引越しが集中する時期なら、心にも時間にも余裕を持って進めて下さい。
 

早過ぎにも注意

早めに見積もりを取るのはいいですが、早過ぎにも要注意です。なぜなら、早すぎると、まだ引越しの内容が定まっていない事もあります。
 

荷物の量もそうですが、中には引越し先まで決まっていないと言うケースもあり得ます。それは、引越し業者側にとっても、トラックのサイズやスタッフの人数などが決められません。
 

引越しの見積もりは、大まかな内容を把握してから取った方がお互いにとってもやりやすくなります。
 

また、そもそも多くの引越し業者は、見積もりの使用期限を3ヶ月と定めています。そのため、かなり早めに見積もりを取ってしまったために、再度取り直すと言う面倒な事態になってしまいます。
 

引越しの希望日はいくつか候補を考える

自分ではこの日に引越しをすると決めていても、予約が取れない場合も当然あります。
 

自分ではこの日と決めていたために、予約が取れずにパニックにならないように、いくつか「候補の日」を決めておいて下さい。第1~第3程度まで決めておけば対応しやすくなります。
 

一括見積もりなら早くても遅くても安心

引越し料金安く

見積もりは一括見積もり

見積もりは引越しの「要かなめ」ですが、それなりに手間のかかる作業です。見積もりは比較検討するのが基本なので、1社だけ取るのは損です。
 

数社取って、それぞれ金額やサービス内容などを比べる必要があります。忙しいさなかに何社も見積もり依頼はできない方の味方が「一括見積もりサイト」です。
 

引越に関する必要事項を入力して送信すると、最短で当日、または翌日には各引越し業者が連絡してくれる仕組みになっています。
 

一括見積もりなら10社までOK

一括見積もりサイトの中には、最大で10社まで見積もり依頼が可能なものがあります。
 

自分で10社の引越し業者に連絡して見積もりを取る苦労を考えると、まとめて10社も取れればその後の比較検討もスムーズになります。
 

また、2、3社だけでは分からない大まかな相場も分かりますし、当然最安値の業者も一目瞭然です。今後の引越しのための参考にもなります。
 

一括見積もりは急な引越しにも対応可

余裕のある引越しがベストではありますが、人生にはいろいろあります。急な引越しを余儀なくされる事もあり得ます。そのような時でも慌てないで下さい。
 

一括見積もりは2日前や当日の引越しでも見積もりが素早く取れます。一括見積もりを利用すれば、時間がないながらも1番安い引越し業者に依頼できるので、非常に便利です。
 

まとめ

引越し見積もりは、早過ぎても遅過ぎても結果的に損します。通常1ヵ月前から見積もり作業を始めるのが理想です。
 

また、見積もり取る際には、一括見積もりサイトを利用して便利でお得な引越しにして下さい。