引越し長距離

 
ただでさえ慌ただしくてお金のかかる引越しですが、その引越し先が離れた場所であればある程費用はかかります。
 

普通に近くの感覚で引越しを行うと費用が高額になって驚いてしまうケースも少なくありません。
 

今回は、長距離の引越し費用の基本的な情報と、安くなる方法、さらには注意点などについてご紹介します。
 

長距離の引越しってどのくらいの距離?

距離と料金は比例する

例えば、同じ市内や県内に引越す場合と県外に引越す場合とでは、料金に差が出ます。距離が遠ければ遠いほど引越し料金も比例します。
 

「北海道~沖縄」のように明らかに遠い場所への引越しは「長距離」と判断できますが、長距離の引越しと言われるのは、「300㎞」を超えるか超えないかを目安に考えると分かりやすいです。
 

なぜなら300㎞以上になると、引越しが1日で終わらない可能性が高いからです。引越し業者によっても変わりますが、「1日で終わらない引越し」は長距離の引越しと考えられます。
 

長距離の引越しの相場

長距離の引越し料金は料金が高くなるのは分かりますが、実際の相場はどのくらいになるのでしょうか。
 

家族・単身の相場

家族と単身では荷物の量や部屋の広さ、間取りが変わってくるため、料金には差があります。
 

  • 家族

150,000円程度~300,000円程度
 

  • 単身

60,000円程度~200,000円程度
 

距離が伸びると100㎞毎に10,000円~20,000円程度が加算されるようになります。さらにオプションなどを追加すると料金は高くなります。
 

また、引越し業者の中には、家族での長距離の引越しで100,000円、単身で50,000円を下回る料金で行える場合もあります。
 

繁忙期はさらに割高になる

家族でも単身でも同様ですが、繁忙期と呼ばれる引越しの増える時期、「3月や4月」の場合はその他の時期よりも引越し料金が1.5倍や2倍になる可能性もあります。
 

長距離の引越しを安くするには?

taimingu

引越しはお金のかかる作業なので、料金の高い長距離でもなるべく費用を抑えたいのは当然です。
 

混載便を利用する

多くの引越し業者には、「混載便」と呼ばれるサービスがあります。混載便とは、同じ方面に引越す荷物同士を一緒にトラックに載せて運ぶ方法です。乗り合いタクシーのような感覚です。
 

混載便は、他の依頼者たちと引越し費用を分担するような形になるので、長距離の引越しにはもってこいのサービスです。
 

引越し業者の中には、混載便を行っていない事もあるので、確認が必要です。また、混載便を中心に行っている業者もあります。
 

トラックをチャーターする

引越し業者と聞くと、スタッフが数人来てくれて荷物を運んでくれると言うイメージがありますが、トラックとそのドライバーだけをチャーターする「チャーター便」もあります。
 

チャーター便は、その他の全ての作業は自分で行わなければなりませんが、かなり費用を抑える事ができます。
 
参考記事:引越しの混載便とチャーター便とは?|それぞれの違いをご紹介!
 

宅配便を利用する

単身者や家財道具一式を購入して新居に搬入するため、荷物が少なく段ボールだけの場合は、わざわざ引越し業者に依頼するよりも「宅配便」の方が安くなります。
 

「引越し=引越し業者じゃないとダメ」と言う訳ではありません。荷ほどきなどは自分で行う必要はありますが、荷物の量が少なければ問題ないため、お得な引越し方法です。
 

古い物、必要のない物は処分する

長距離の引越しは距離が伸びれば料金もかさむので、古くて使えないような物や必要のない物は処分した方がいいです。
 

いらない物でも料金が発生するので、ゴミを運ぶのにお金を払う必要はありません。引越しを良い機会と考えて、思い切って処分すれば「断捨離」もできて、引越し費用の節約にもなります。
 

長距離の引越しの注意点

長距離の引越しをする際に、費用を安くしようと努力する事ももちろん大切ですが、気をつけなければいけない事もいくつかあります。
 

混載便は荷物が届くまで時間がかかる

混載便の場合は、自分だけの荷物を積む訳ではないため、他の依頼者の荷物も全部揃った後で出発します。そのため、荷物が届くまでは時間がかかるケースもあります。
 

ですから、すぐに必要な物は自分で持って行くか、宅配便などを利用して先に新居に届くように手配しておく必要があります。
 

チャーター便は物の破損やケガのリスクもある

チャーター便の場合は、ドライバーは運転だけで作業は行いません。そのため、荷物の搬出時や搬入時に物を壊したり、ケガをしてしまう可能性もあります。
 

その場合の責任は業者は取ってくれないので、反対に高い引越しになってしまう可能性もあります。
 

ある程度のお金で済めば良いですが、大ケガをしてしまったらそれこそ大変です。十分に注意して行って下さい。
 

友達や知り合いにも頼みづらい

引越しの手伝いには、友達や会社の同僚などの「お手伝い」も頼りですが、長距離の引越しで頼めない、頼みづらいのも現状です。
 

特にチャーター便を利用した時は、自分で引っ越し作業を行うので、自力で全部できるかどうかも考えてから予約するようにして下さい。
 

ペットの移動方法も考える

最近では多くの方がペットを飼っています。長距離の引越しでは、ペットの負担も大きくなるため少しでも快適に移動ができるように考えてあげて下さい。
 

ペットの移動には、自家用車がペットにとってはいいかもしれませんが、専門の業者もありますので、そちらも検討してみて下さい。
 

面倒でも見積もりが大事

引越しは近場でも長距離でも、始めに見積もりをしっかりとっておきましょう。見積もりを取ると、さまざまな業者の料金を比較する事ができます。
 

一括見積もりで簡単に済ます

多くの業者の見積もりを取るのは時間と量力が必要です。そこでおススメなのが「一括見積もり」です。
 

一回で数社の見積もりが取れるため、忙しい方でも急な引越しの方でもすぐに見積もりが取れます。また、比較するのも簡単なので、引越しの強い味方になってくれます。
 

あきらめずに交渉する

できるだけ安く長距離の引越しを済ませたい方は、粘り強く交渉してみて下さい。
 

一度断られても何度か交渉する事で割引してくれる可能性もあるので、あきらめないで交渉してみましょう。
 

まとめ

長距離の引越しは、遠くなればなるほど費用がかかります。ですが、混載便やチャーター便を利用したりすると安く引越しが出来ます。
 

注意点もありますが、一括見積もりなどのさまざまな方法やサービスを駆使してなるべく引越し費用を尾さてみて下さい。