引越し冷蔵庫

 

引越しの準備はいろいろありますが、冷蔵庫も準備が必要です。これを怠ると壊れてしまう可能性もあるので、頭に入れておかなければいけません。
 

今回は、引越し前の冷蔵庫の準備や引越しをした後の使用前の準備、さらには処分の方法など詳しくご紹介します。
 

冷蔵庫は正しく扱わないと壊れる?

冷蔵庫や洗濯機のような大型の家電は、非常に重量なので動かすにはコツがあります。また、素人が力ずくで動かしたために、ぶつけたり落としたりして故障の原因になり兼ねません。
 

買ったばかり、まだ使えるような冷蔵庫の移動は慎重に行わないと、引越し費用の節約のはずが逆に大金をはたいて買い直さなければいけない場合もあります。
 

さらには、無理に動かしてケガをしてしまう事もあります。それが手伝いに来ていた友人や知人だったら、引越しが嫌な思い出になりますし、補償などの問題にも発展してしまいます。
 

ですから、特に大型家電は引越し業者などプロに任せるのが一番安心です。
 

引越し前の冷蔵庫の準備

冷蔵庫は、できれば引越し当日まで使用したいですが、それは難しいです。なぜなら、冷蔵庫は引越しに備えていくつか準備が必要になるからです。
 

さほど難しい訳ではありませんが、怠ると故障の恐れがあるため必ず行って下さい。
 

前日までに中身は処分するのが鉄則

新居ですぐに使えるようにと中身をそのままにしていてはダメです。
 

移動中に中身が飛び出すのはもちろん、生ものなど中身が腐ってしまうと引越し業者にも多大な迷惑になります。中身はどんな物でも必ず出して、空っぽの状態にしてから引越し業者に引き渡すようにして下さい。
 

ですから、引越しの前日や2日前にスーパーに行って、大量に食料品を買い込んでしまったら絶対に消費できません。引越しの1週間前くらいからは食料品は、考えて購入するようにして下さい。
 

処分できない中身は保冷ボックスを利用する

引越しの前日までに食料は食べきるのが理想ですが、なかなか難しいのも事実です。調味料やどうしても使い切れなかった食料品などは、保冷ボックスを利用して運ぶと便利です。
 

引越し作業の時に飲める飲み物もそこに入れておけば、すぐに取り出せます。ですが、あまり何回も開閉すると冷えが悪くなるので注意して下さい。
 

製氷機能を止める

今の冷蔵庫のほとんどに「製氷機能」が付いています。自動的に氷を作ってくれる機能です。これは、完全に溶けるまで時間がかかる場合もあるので、引越しの2日程度前に機能を停止して下さい。
 

電源を抜いて水抜きをする

引越しの前日になったら、冷蔵庫の電源を抜きます。「水抜き」は、製氷機や水受け皿(蒸発皿)に残っている氷や水を処分する事を指します。水受け皿の場所は、冷蔵庫のメーカーや機種によっても違います。
 

どちらか分からない場合は、冷蔵庫の底かモーターの上部をチェックしてみて下さい。また、タンクのタイプもあり、その場合は冷蔵庫本体の裏側、もしくは下方部を確認して下さい。
 

霜取り

比較的新しいタイプの冷蔵庫は自動で霜取りしてくれる機能が付いています。古い冷蔵庫は、その機能がないので自分で霜取りをする必要があります。
 

霜取りは電源を切った後に、冷蔵庫や冷凍庫の扉を開放しておけば霜が溶けてきます。その時に、冷蔵庫の下周りが水浸しにならないように、タオルなどを忘れずに敷いて置くようにしましょう。
 

ガムテープなどでしっかり固定する

運んでいる時に冷蔵庫の扉が開いてしまったり、コードが伸びていると危険なので、しっかりガムテープなどを使って固定しておいて下さい。
 

細かい気配りが不用意な事故の防止になるため、面倒くさがらずに行いましょう。
 

新居に着いた後の冷蔵庫の手順

無事に冷蔵庫を運び終えて、それで終わりではありません。新居に着いてからも、使用し始める前にいくつか準備があります。
 

すぐに電源は入れない

冷蔵庫はなるべく早く使いたいとは思いますが、すぐに電源を入れる事は危険です。
 

なぜなら、冷蔵庫を運んだり、移動した後は冷却装置などの状態を落ち着かせる目的で、しばらく電源を入れずにそのままにしておかなければならないからです。
 

これを無視すると、故障してしまう可能性があります。目安としては、1時間程度そのままにしてから電源を入れて下さい。
 

すぐに中身を入れない

冷蔵庫の電源を入れても、すぐに中身を戻さないようにして下さい。電源を入れたからと言って、すぐに冷える訳ではありません。冷蔵庫内が完全に冷えるまでは、ある程度時間が必要になります。
 

時間は季節によっても差がありますが、6時間~10時間を目安にして下さい。冷えたかどうか確認するために何度も冷蔵庫を開けると、時間が余計にかかってしまうので、開けずにそのままにしておきましょう。
 

引越しは冷蔵庫を片付けるチャンス

冷蔵庫の奥底から賞味期限切れの物が出てくることがあります。引越しの際はそういった物を一気に処分する機会になります。
 

普段は忙しくてやりたくない作業ではありますが、どうせやらなければならない引越しの時に中身を処分して、ついでにキレイに掃除をすれば、まるで新品に戻ったような冷蔵庫で新しい生活ができます。
 

冷蔵庫だけの引越しもできるの?

他の物は自分で引越しをするけれど、冷蔵庫は重量で心配と言う方におススメなのは、冷蔵庫だけ引越し業者に依頼する方法です。
 

相場

冷蔵庫の移動だけなら、6,000円~10000円程度で行ってくれます。移動距離や冷蔵庫のサイズによっても違いはありますが、大手の引越し業者でもこのくらいの料金で済みます。
 

特段、冷蔵庫だけの引越しについて、ホームページなどに掲載していない引越し業者でも快く引き受けてくれるので、分からない時は問い合わせてみましょう。
 

 

冷蔵庫を新しくする

引越しを機に思い切って冷蔵庫を新しくする場合は、
 

  • リサイクルショップに売る
  • 欲しい人に譲る

 

などの方法もあります。いずれの場合も、引越しの時と同じように「水抜き」や「霜取り」の作業は必要です。
 

また、念入りに掃除すると買い取り価格などが上がる可能性が高いですし、人に譲るにしてもキレイな状態にしておく事が大切です。
 

冷蔵庫を処分する方法

冷蔵庫を処分する際には注意点があります。
 

家電リサイクル法

家電リサイクル法では、不要になった「テレビ」「冷蔵庫」「エアコン」「洗濯機」などの使える部品などの再利用や有効活用して、廃棄物の量を減らす目的で定められたものです。
 

これらの家電製品は、処分するのに料金がかかります。冷蔵庫の場合は、サイズによって差がありますが、3,000円台~5,000円程度になります。そこに「運搬料」がプラスされる仕組みになっています。
 

 

冷蔵庫の処分方法

  • 購入した家電量販店に引き取ってもらう
  • 市区町村に問い合わせる
  • 自分で直接指定場所に持ち込む

 

この3つの方法があります。回収には「家電リサイクル券」が必要になります。リサイクル券には、「料金販売店回収方式」と「郵便局振込方式」があります。
 

家電量販店で回収の申し込みや引き取り時に渡される、または郵便局に置いてある「家電リサイクル券」に記入して料金を支払って適切に処分して下さい。
 

 

悪徳業者には要注意

冷蔵庫などの家電を無料や少額で引き取ると言って、いざ運び出したら料金を請求するような悪徳業者もあります。また、引き取ってどこかの山などに不法投棄する業者もいるので、正しい方法で処分して下さい。
 

一括見積もりで冷蔵庫も安く引越し

引越しは見積もりを取る事で、費用を安く抑えられます。なぜなら、引越し業者の見積もりを数社取れば、料金を比較できるからです。比較して最安値の業者に依頼すれば、当然お得になります。
 

また、一度に数社分まとめて見積もりの取れる「一括見積もり」を利用すれば、余計な手間もかからずに済みます。
 

冷蔵庫だけの引越しでも、気軽に見積もりが取れるので引越しの際には、まず一括見積もりを取るのがおススメです。
 

 

まとめ

引越しの時には、冷蔵庫には準備が必要になります。忘れると引越しがスムーズに進まない事もありますので、必ず行って下さい。
 

また、冷蔵庫だけの引越しも多くの引越し業者が請け負っています。引越しを機に冷蔵庫を新調して処分する際は、正しい方法で処分しましょう。
 

簡単に最安値の引越し業者を探すには、一括見積もりの活用が大変便利でスピーディーです。