引越しが決まると費用の心配が出てきます。単純に引っ越し費用だけではなく、家財道具の新調など引越しに伴う出費も増えます。
 

転勤のような急ぎの引越しではない限り、安い時期を狙って引越しをするのがお得です。今回は、ズバリ安く引越しができる時期についてご紹介します。
 

引越し業者の繁忙期

繁忙期とは?

どの業界にも1年の中で忙しい時期である「繁忙期」があります。繁忙期は職種によってバラバラです。
 

仕事が忙しくなるので、人件費などの理由で一般的に繁忙期は料金が高く設定されている事が多いです。引越し業界も例外ではなく、繁忙期は予約が取りにくくなるのに加えて料金が割高になります。
 

繁忙期はいつ?

引越し業界の1番の繁忙期は「3月~4月」です。なぜなら、「就職」「進学」「転勤」など多くの人が、新生活に向けて移動する時期だからです。
 

一部では、早々と2月頃から引越しをする方もいるため、2月も忙しくなる引越し業者もあります。また、お子さんのいる家庭では、長期の休みになる「夏休み」や「冬休み」「年末」などの時期も繁忙期になっています。
 

ですから、3月、4月に合わせて7月、8月、12月も繁忙期で料金が割り増しになる可能性が高いと言えます。繁忙期は業者によっても多少の差がありますが、通常はこれらの時期は引越し料金が割高になると覚えておいて下さい。
 

引越しするなら「閑散期」

閑散期とは?

繁忙期の反対で、比較的余裕のある「閑散期」もあります。この時期は、引越しをする方が少ないため、引越し業者もトラックや人にゆとりが出るので、予約も取りやすく、何と言っても安く引越しができるメリットがあります。
 

ですが、閑散期は移動の多い時期ではないので、急いでいる場合や進学、就職、転勤などには当てはまりません。結婚を機に引越しをする時、家を新築した時などは閑散期を狙っての引越しも可能なので、参考にしてみて下さい。
 

閑散期はいつ?

引越し業界の閑散期は、業者によっても違いますが、「6月、11月、1月」です。2月や、5月も閑散期に入る業者もあります。この時期は特に移動などの動きが比較的少ないので、暇になるからです。
 

急ぎの引越しでない限りは、この時期を目安にして引越しをすると安く済ませられます。
 

どのくらいやすくなるの?

実際に繁忙期に引越しをすると、閑散期の「1.5~2倍」の料金になります。最大級のピークになると「3倍」にまでなってしまうケースもあるので、繁忙期に引越しをするのは費用がかかります。
 

それぞれの事情もあるので仕方のない事ですが、可能であれば閑散期に引越しをした方が良い理由が分かります。
 

引越しは六曜、曜日や時間も選ぶと安くなる

引越し料金は繁忙期や閑散期によってだけではなく、他の要因でも変わります。
 

土日は人気で高い

土日などの週末を利用して引越しを行う方が多いので、引越しが集中して割高になります。どのくらい割高になるかと言えば、平日の10~20%さらには30%になる事もあります。
 

ですが、これは土日休みの方が多い以上はどうしようもありません。また、土日ではなくても、ゴールデンウィークやシルバーウィークのような連休も人気があるので要注意です。
 

つまり、「人が休みの日は高くなる」と言う事です。
 

大安も人気で高い

日本には「六曜」と呼ばれる暦があります。「大安」「赤口」「先勝」「先負」「友引」「仏滅」と言えばピンとくるかもしれません。六曜は、よくカレンダーなどに記されている事で知られています。
 

日本人は、行事やイベントごとには、この六曜を用いて日取りを決める習慣がまだ根強くあります。特に「結婚式」「お葬式」はこだわる方がほとんどです。
 

引越しも同じで、なるべくなら縁起の良い日に行いたいと思いっています。ですから、「大安」は人気があって高くなる、「仏滅」は人気がないと言う訳です。
 

その他、六曜でこだわるとすれば、先勝は「午前中」、先負は「午後」が運気が良いので、これに合わせて引越しをすると言う考え方もあります。また、実は仏滅は引越し適していると言う話もあります。
 

いづれにしても、六曜は気にしない方にとっては関係ないので仏滅でも気にしない方は狙い目です。
 

平日ならいつがお得?

平日は当然、土日よりは予約もしやすくなりますし、料金も安く設定できます。ですが、平日ならいつでも空きがあるとは限りません。
 

土日の前後になる「月曜日」や「金曜日も」平日の中では人気があります。平日に引越しをするなら、その他の「火曜日」「水曜日」「木曜日」が安くなる傾向があります。
 

時間帯は?

引越しは時間帯も重要です。引越し当日は誰でも早く作業を始めて、新居に行って片付けたいと思っています。ですから、必然的に「午前中」を希望する方が増えます。
 

そこで、午後や夕方でも問題ない場合や安くなるなら我慢できる方は、午後を希望すると費用を安く抑える事も可能です。
 

月末、月初め

月末や月初めは、賃貸住宅の契約の関係上、引越しが多くなります。気持ちの面でも、月末などの区切りの良い日に引越ししたいと言う方も多いので、月末、月初めよりは少し中途半端になってしまう「月の中頃」が比較的安くなります。
 

引越し業者のサイトをチェックする

大手を中心とした引越し業者のホームページには、安く引越しができる日が分かるカレンダーを見る事ができます。それを見れば、細かく表示されていてお得な日が一目瞭然なので、是非参考にして見積もりを取ってみて下さい。
 

引越しは1に見積もり2に交渉

特に急いでいる引越しは、見積もりを取るのが面倒だし時間がないからと1社に絞って決めてしまう方もいます。ですが、それは非常にもったいないです。
 

数社見積もり取って、比べて、さらに交渉すれば、繁忙期でも安く引越しができる可能性は高くなります。ですから、早々に1社に決めてしまうのは損です。
 

見積もりは一括見積もりで簡単に済ませる

そんなに何社も見積もりを取る暇なんてない方に大人気なのが「一括見積もり」です。
 

このサイトを利用すれば、10社程度の引越し業者の見積もりが一度にできます。これなら、自分でわざわざ10社の見積もりを取る必要がないので、時間と労力の節約になります。
 

また、簡単に比較できるので、交渉の際も便利です。忙しい面倒くさいと、あきらめてしまう前に、一括見積もりを試してみて下さい。
 

まとめ

引越し料金が安い時期は、閑散期と呼ばれる「6月、11月、1月」になります。また、引越しの際は、閑散期だけに注目せずに「日にち」「曜日」「時間」なども考慮の材料にする事も大切です。
 

引越に欠かせない見積もりは、一括見積もりを活用して簡単でお得に引越しを行って下さい。