引越し段ボール

 
引越しが初めて、または慣れていない方にとって引越しの方法は未知の世界とも言えます。引越し費用を比較的抑えられる方法として人気があるのが「混載便」と「チャーター便」です。
 

今回は、この2つを分かりやすくメリットやデメリットについても詳しくご紹介します。
 

引越しは何も知らないと高い

特に引越になれていない場合、引越し業者に依頼をして、提案されたパックや引越し方法でお任せします。引越しは、基本的に「トラックのサイズや数」「スタッフの人数」「距離」によって、料金が決まります。
 

つまり、荷物が多くて距離が遠い引越しは、料金は高くなります。その他にも引越し料金に差が出る理由はいくつかあります。
 

繁忙期

一般的に引越しの件数が増える、「3月~4月」は繁忙期になります。また、長期の休みになる「夏休み」「ゴールデンウイーク」「年末」にかけても引越し業界は慌ただしくなります。
 

これらの時期は、普段より料金が割高になります。
 

忙しい日、時間

休みの方が多い土日や祝日は引越しが集中します。
 

また、引越し作業を早く済ませたいなどの理由から、午後より午前中の引越しは希望者が多いため「土日や祝日の午前中の便」は料金が割高になります。
 

オプション

引越作業の中心は、「荷物の積み下ろしと運搬」です。その他の「梱包」に始まり「荷ほどき」などの細かい作業の多くはオプションになります。最近のオプションは、非常に便利で種類も豊富です。
 

  • 盗聴器調査
  • 不用品の買取
  • ゴミの処分
  • 新聞の申し込み
  • インターネットの申し込み

 

など、シニア世代や単身の女性には難しい作業も行ってくれます。オプションは便利でいろいろお願いしたくなりますが、当然別途に料金が必要です。ですから、あれもこれもと付けていると費用か高くなります。
 

高い引越し費用を安くするには「混載便」と「チャーター便」

繁忙期や土日、祝日が高いのは分かっていても避けようがない場合があります。また、引越し先も同じで距離を短くする事はできません。
 

そんな割高になりやすい引越し料金を大幅に安くする方法があります。それが「混載便」と「チャーター便」です。
 

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、この2つを知っていると知らないとでは引越しが大きく変わります。
 

混載便

混載便とは?

引越しと言えば、一軒分の荷物をトラックに積んで運ぶものと固定観念があります。ところが、混載便は同じ方面に引越しをする方の荷物をまとめて積んで運ぶ方法です。
 

例えば、1台のトラックに3世帯分の荷物を積むため、簡単に言えば、3家族で割り勘にするようなイメージです。これによって、ガソリン代や高速代などの節約になるため、引越し業者も料金が安くできます。
 

また、引越しの荷物ではない一般の荷物のトラックの隙間に、引越しの荷物を積むケースもあります。
 

混載便の相場

例えば、東京~大阪に単身で引越しをする場合、通常の引越しであれば30,000円程度~100,000円程度はかかります。繁忙期になれば、その1.5倍や2倍になります。
 

混載便を利用すると15,000円程度~40,000円程度で引越しができます。大手と呼ばれるような引越業者でも、通常なら100,000円以上かかる場合でも混載便なら70,000円程度で行ってくれます。
 

混載便の注意点

混載便は引越し料金が大幅に安くなる大きなメリットがありますが、同時に注意点もあります。
 

  • 荷物が届くまで時間がかかる可能性がある

 

混載便は、数軒分の荷物を積んで運ぶのが特徴です。そのため、他の引越しの荷物が集まるまで出発を待つ事もあります。
 

ですから、通常なら1日で終わる引越し作業も荷物が届くまで時間がかかってスムーズに進まない場合もあります。その時間も考えて余裕を持って引越しの計画を立てる必要があります。
 

  • 時間指定が難しい

 

普通の引越しは、時間指定も可能です。ですが、混載便は時間指定は基本的には無理です。引越しをする側がトラックに合わせるような形になります。
 

ですが、業者によってはオプションで時間指定ができる事もあるため、初めに確認して下さい。
 

  • 荷物の破損

 

混載便は、荷物の積み替えを行う場合があるので、その際に荷物に傷がついたり破損する危険性があります。
 

業者の中には、保険に入っていてきちんと保証してくれるので、見積もりを取る際などに確認して下さい。
 

  • 荷物の紛失

 

他の引越しの荷物と一緒に運ばれるため、何らかの理由で荷物が混ざってしまう事があります。
 

そのまま行方が分からなくなって紛失してしまっては大変なので、自分の荷物には名前や番号を記入しておくなど工夫も必要です。
 

引越し業者側もプロであり、紛失を防ぐために、仕切りを付けるなどの防止策も取っているので過剰に心配する必要もないですが、念のため自分でも分かりやすくしておきましょう。
 

チャーター便

チャーター便とは?

チャーター便とは、引越し業者がトラックとドライバー、またはトラックだけを準備してくれる方法です。引越し業者は、運転のみを行うので、その他の作業は全部自分で行います。
 

チャーター便は、もし親戚や友達など引越しの手伝いが多く確保できるなら便利な方法です。混載便に比べると、他の荷物を待つ必要もないので、自分たちのペースで引越しができますし、荷物の到着も早いです。
 

チャーター便の相場

チャーター便を利用して、単身で東京~大阪に引越しを場合は、30,000円程度~60,000円程度になります。混載便と同様に通常の引越し方法よりもお得に引越しが可能です。
 

チャーター便の注意点

  • ほとんどの作業は自分でやる

 

チャーター便は、ほとんど全ての作業は自分で行うのが基本です。荷物の積み下ろしなど慣れない作業を自分でやるのは簡単ではありません。
 

必ずお手伝いが必要になります。ですからお手伝いの当てのない方は、難しいプランとも言えます。
 

  • ガソリン代や高速代は自己負担

 

安いのが魅力のチャーター便ですが、高速代や有料道路の料金やガソリン代は自己負担になるため、実際の費用はもっとかかります。
 

業者によっては、一定の距離まではガソリン代は負担してくれる事もありますが、距離に制限があります。
 

  • トラックのサイズの間違い

 

チャーター便は、荷物の量によってトラックのサイズが決まります。そのため、もし荷物の量に誤差があると、当日になって荷物が積み切らない事態にもなり兼ねません。
 

正しい荷物の量を引越し業者に伝える必要があります。もし、心配な場合は、見積もりを取る場合に、実際に来てもらう訪問見積もりを依頼して下さい。
 

  • ケガ

 

自分で作業を行う場合に最も心配なのは、ケガです。慣れない大型の家具や家電を運び出す際に、誤って落としてしまってケガに発展する事もあります。
 

自分やお手伝いをしてくれる方の安全には十分に注意して作業して下さい。
 

引越しの形によって使い分ける

混載便もチャーター便も非常にお得な引越し方法である事に変わりはありません。ですが、2つを上手に使い分けるとさらにお得になります。
 

混載便は長距離の引越しにおススメ

混載便はとにかく長距離の引越しならおススメです。普通の引越しのように、荷物の搬出や搬入はスタッフが行ってくれるので安心です。
 

引越しの通常作業の料金はもとより、ガソリン代や高速代まで全て節約できるのは大きなメリットです。
 

チャーター便は近くの引越しにおススメ

チャーター便は、荷物の少ない距離の近い引越しにピッタリです。
 

もちろん基本的には料金は安い設定になっているので、長距離でもお得になりますが、ガソリン代や高速代などの料金を考えると近場の引越し向きです。
 

また、作業を自分で行う必要があるため、荷物が少量で近場であれば、手伝ってくれる人の確保も長距離に比べると集めやすくなります。
 

引越しは一括見積もり&交渉でかなりお得になる

引越し料金安く

 
混載便やチャーター便を利用する際にも必ず見積もりを取る事でもっと引越し費用の節約になります。
 

見積もりをいくつか取って徹底的に比べる

引越しに向けての最初の作業は、「見積もりを取る」事です。見積もりは1社だけではなく、数社から取るようにして下さい。なぜなら1社だけだと比べようがないからです。
 

見積もりを比べて、それぞれのサービス内容や料金を徹底的に比較すると自然に最安値の業者がハッキリします。
 

一括見積はまとめてできる

数社の見積もりを取るのは決して簡単ではありません。非常に面倒な作業です。
 

ですが、一括見積もりサイトを利用するとまとめて数社の見積もりが準備できるので、忙しい生活の中でもしっかり引越し費用の節約ができます。
 

早い場合は、その日のうちに見積もりをメールなどで連絡してくれるので、準備もスムーズにできます。
 

粘り強く交渉する

混載便やチャーター便はそもそも安い料金設定になっていますが、値引き交渉をしないのは損です。無理かどうかはやってみなければ分かりません。
 

あきらめる前に思い切って値引き交渉してみて下さい。
 

まとめ

混載便やチャーター便は2つとも非常に安く引越しが可能な方法です。2つにはメリットとデメリットがあるため、それをきちんと理解した上で契約して下さい。
 

メリットとデメリットの両方を比較して、自分の引越に合った方を選んで、お得な引越しをして下さい。