引越し安い

 

「引越し」の形態はさまざまあります。長距離で引越しをする方もいれば、かなり近場で引越しを行う方もいます。
 

今回は、近場で引越しをする場合の相場や安くする方法についてご紹介します。
 

近場でも引越し業者はやってくれるの?

近くでも遠くでも関係ない

新居があまりにも旧居に近いと、もしかしたら引越し業者は作業を引き受けてくれないようなきがするかもれませんが、そんな事はありません。引越に近いも遠いもありません。
 

大げさに言えば、ほんの数十メートルの引越しでも問題ありません。また、例えば同じマンションの別の部屋に引越しをする際も近場、近距離の引越しになります。
 

相場

引越しの料金は、トラックの数やサイズ、スタッフの人数、距離などで決められます。遠い場所に大きなトラックで、大荷物での引越しは当然料金がかかりますし、その反対であれば安く済ませられます。
 

市区町村内で単身者の引越しの場合は、安くて20,000円~30,000円で引越しができます。また、家族4人で市内での引越しは、60,000円~70,000円が相場です。
 

近場の引っ越しを安くする方法

近場の引越しでも安ければそれに越した事はありません。引越しを安くするには、いくつかの方法があります。
 

各引越し業者のお得なプランを利用する

引越し業者には、引越しのスタイルに合った、便利でお得なプランがあります。それを利用すると引越し費用が抑えられます。
 

近距離プラン

近場の引越しに対応しているプランを出している引越し業者もあります。これは、荷物が少量で近距離の引越しに限ったサービスです。
 

段ボールの数にも制限が設けられています。業者によって、引越し先が「市内」や「○○km以内」など決まりがあります。条件がクリアできれば、非常にお得なプランです。
 

チャーター便

チャーター便は、トラックだけを準備してくれるプランです。ですから、荷物の運搬、積み下ろしなどその他の作業は自分たちで行う必要があります。
 

手伝ってくれる人がいて荷物全体が少量ならおススメです。
 

 
参考記事:引越しの混載便とチャーター便とは?|それぞれの違いをご紹介!
 

フリー便

引越し業者には、引越しの日にちや時間を全てお任せする代わりに、料金を割引してくれるプランがあります。
 

あまり急がない引越しで、時間や気持ちに余裕がある場合は、割引率も高いのでお得です。
 

 

その他の引越し料金を下げる方法

プランを上手に活用する以外にも、自分で引越し料金を安くできる方法があります。
 

荷物を少なくする

引越し料金を安く抑えるには、荷物を最小限にするのは最低条件です。もし、段ボールの詰め方も工夫すると、段ボールの数も少なくできます。
 

また、買い替えの必要がある家電や家具なども思い切って処分すれば、その分荷物は少なくなります。
 

繁忙期を避ける

引越し業者には、3月~4月を代表とする「繁忙期」があります。この時期は、転勤、就職、進学などで引越しが集中するからです。
 

夏休みや年末、ゴールデンウイークなど、連休は引越しが多くなります。この時期は、引越し料金も割高になりますし予約も取りづらくなるので、なるべくこの時期は避けるのもポイントです。
 

忙しい日を避ける

土日や祝日は、休みの方が多いため、引越し業者も忙しくなります。そのため、平日よりも料金設定が高くなっています。
 

その点、平日はトラックやスタッフに空きがあるので、割引があったり予約も自分の好きな時間に取りやすくなります。
 

オプションをなるべく利用しない

引越し作業にはオプションが付き物です。オプションは、自分でやるには面倒だったり無理な作業も引き受けてくれるので、大変便利です。
 

高齢の方や単身の方にはありがたい内容がたくさん用意されています。最近では、不用品の買取や処分、盗聴器調査などにまで及び、ますますその種類を増やしています。
 

ですが、オプションは全て有料です。1つ1つの作業に料金が発生します。オプションは吟味して、本当に必要かどうか、自分でできる事はないか、よく考えて依頼する事で余計な出費を防げます。
 

割引を利用する

引越し業者には、さまざまな割引サービスが存在します。「シニア割」「早割」「リピート割」「ネット割」「友達割」など多岐渡ります。
 

これらは知らないと損してしまうので、初めに確認しておくお得になります。
 

宅配業者を利用する

引越しだから引越し業者とイメージしますが、荷物が段ボール2、3個で、大型の家具も家電もない時は、宅配便で十分です。日にちも時間も指定できますし、便利です。
 

値段交渉をする

距離が近くて、荷物も少ないのに値段交渉するのは気が引けると思われる方もいます。ですが、一応は値段交渉をしてみる事も大切です。
 

割引はできないけれど、オプションを付けてくれるなど、サービスを受けられる場合もあります。あきらめずに交渉をしてみて下さい。
 

自分で引越しをする時の注意点

近場で荷物が少ないから、自分で引越し作業を行う方も多いです。自分で引越しを行えば、費用はかなり安く抑えられますが、注意点もあります。それは、大型の家具や家電の運搬や積み下ろしです。
 

引越し業者のスタッフは事前に訓練も受けていますし、作業になれています。ところが、素人にはこれらの作業は簡単ではありません。ですから、ケガに繋がる可能性も高いです。
 

大型の家具や家電だけでも引越し業者にお任せ

段ボールなどは自分で運んで、冷蔵庫や洗濯機などの家電や大型の家具は引越し業者や専門の業者に依頼する方法もあります。
 

このサービスは多くの引越し業者で行っています、また、ホームページなどに、サービスを銘打っていない業者についても、直接問い合わせると対応してくれる場合があるため、まずは確認してみて下さい。
 

 

引越し業者に見積もりを取って比べるのが1番

 
どのパックにするのか、どのサービスを受けるのかにしても、引越しが決まったらまずは見積もりを取って下さい。見積もりを取ると引越し料金がどのくらいかかるのか一目瞭然です。
 

また、1社だけ取ってそこで決めてしまうのは損です。なぜなら、数社取ってみると最安値で作業してくれる業者やサービス、オプションの料金などありとあらゆるものが比較できます。
 

見積もりは業者の比較や割引交渉にも利用できるため、数社取るのが鉄則と言えます。
 

見積もりは一括見積が便利

忙しいのにいくつも業者に連絡して見積もりを取る時間も暇もないかたには、一括見積もりサイトが最適です。
 

これらのサイトなら、ネットで必要な情報を打ち込んで送信するだけでまとめて数社の見積もり依頼が完了します。24時間見積もり依頼ができるので、時間を気にする必要もありません。
 

時間帯にもよりますが、その日のうち、または翌日には引越し業者から連絡が来ます。一括見積もりサイトのおかげで、引越しの準備がスムーズになります。
 

 

まとめ

近場の引越しは、通常の引越しと同様に行えます。引越し業者の近距離に適したさまざまなプランを利用すれば、お得に引越しができます。
 

また、引越しのタイミングを変えるなどの少しのポイントを押さえるだけで、さらに料金を下げる事も可能です。引越しが決まったら、まずは一括見積もりサイトを活用してみて下さい。