引越し3月4月

 
引越しが増える時期は「繁忙期」と呼ばれています。特に転勤や進学、就職が集中する「3月~4月」は非常に忙しくなります。忙しくなると言う事はそれだけ料金も高くなります。
 

今回は、繁忙期の3月~4月の中でも絶対に避けたい日や、安いタイミング、繁忙期でも料金をやすくする方法、その他の繁忙期についてご紹介します。
 

3月~4月は大忙しの引越し業界

どこの業界でもそれぞれ忙しい時期は決まっています。引越し業界の繁忙期と言われるのは「3月~4月」です。それにはちゃんと訳があります。
 

転勤、進学、就職の時期

何と言っても3月~4月は人の流れが変わったり、新しいスタートが多い時期です。3月~4月は、転勤や進学、就職を機に地方から都会に出る方も一気に増えます。
 

人々が最も移動する時期と言っても過言ではありません。進学や就職の場合は、単身の引越しがほとんどですが、転勤は家族での引越しも多いので、いろいろな形態の引越しが行われています。
 

また、春になったのを機に結婚や同性を始めるカップルもいます。ですから、3月~4月は必然と引越し業界が慌ただしくなります。
 

繁忙期になると料金が高くなる

なぜ、繁忙期は引越し料金が高くなってしまうのには、理由があります。繁忙期になると、たくさんの引越し依頼を受けるため引越し業者は大忙しになります。
 

トラックやスタッフの数を確保する必要があります。スタッフの数はもちろんですが、残業なども増えるため人件費がかかるからです。そのため、繁忙期は最高で2倍にも3倍にもなってしまう事もあります。
 

さらに、この時期は特に営業をたくさんしなくても、自動的に依頼が増えるので黙っていても仕事があります。ですから、わざわざ安くしたりサービスする必要もありません。
 

この時期は「高い」と言うよりは「安くしない」とも言えます。3月~4月に引越しをすると、大きな割引や手厚いサービスは望めない可能性はあきらめた方が良いでしょう。
 

3月~4月で引越しを避けたい日

 
3月~4月だと引越し料金は割高になると分かっていてもこれは避けられない事実ですが、特に避けたい日があります。
 

月末や月初め

賃貸住宅にお住いの場合、契約は「月末」に切れることが多いです。ですから、必然と月末や月初めに引越し理が集中してしまいます。
 

また、賃貸ではなくても気持ち的に、月の初めから新しい生活をスタートさせる方も多いので、いづれにしても月末や月初めは予約が取りづらくなります。
 

土日や祝日

大抵の場合、みなさん引越しは休みの日に行います。単身の引越しなら荷物も少ないので、仕事が終わってからでもなんとかなりますが、家族での引越しは大掛かりですし、そうはいきません。
 

ですから、会社が休みの方が多い土日や祝日は引越し依頼も増えます。
 

大安

カレンダーなどに「大安」や「仏滅」など書かれていますが、これは「六曜」と呼ばれるものです。昔から日本では、当然のように結婚式のようなお祝い事は「大安」に合わせる習慣もまだまだ残っています。
 

引越しもそれと同じように、新しい生活のために縁起の良い「大安」にやりたい方も多いので引越しが集中しやすくなります。
 

繁忙期でも安い引越しのタイミングは?

引越し料金安く

 
繁忙期の3月~4月にも安くなるタイミングもあります。
 

月の中旬

月末や月初めが、賃貸住宅の契約が切れる事が多い反面、月の中旬はそう言った事が少ないので比較的安くなる可能性があります。
 

平日

土日や祝日に比べると、平日は休みの方は少ないので、トラックに余裕が出やすくなります。会社で周りの方に迷惑がかからないのであれば、平日にお休みをもらって引越しをした方が安くなります。
 

平日はお子さんも学校や幼稚園などに行っているため、作業も進みやすくなるメリットもあります。
 

仏滅

大安に引越しが増えるのと反対で、仏滅は日が悪いので避ける方もいます。ですが、仏滅は実は引越しに向いているとも言われているので、案外狙い目の日になります。
 

さらに、「先勝」なら「午前」、「先負」なら「午後」に引越しを済ませれば良いので、大安ではなくても良い日はあります。
 

フリー便

フリー便は、時間を指定できないシステムの引越し方法です。何時にトラックや作業員が来るのか全く分からない分、大幅に料金が安くなります。フリー便は繁忙期でも安くできるチャンスです。
 

ですが、ただでさえいつ来るのか見当がつかないフリー便は、繁忙期のように特に忙しくなる時期はさらに時間が読めません。時には夜遅い時間にまでずれ込む事も考えられるため、急いでいる場合は注意して下さい。
 

また、フリー便はどこの引越し業者でも行っている訳ではありません。興味がある方は、見積もりの際などに確認して下さい。
 

3月~4月でも引越し料金を安くる方法

荷物を減らす

通常よりも料金が高くなる繁忙期の引越しでも安くできる簡単な方法は、荷物を減らす事です。
 

引越し料金を決める時の基本は、「トラックのサイズや数」「スタッフの人数」「距離」です。距離はどうしようもないですが、荷物が減ればトラックの数やスタッフの数も減らせます。
 

引越しの時に不用品やゴミを処分するなどして、積極的に荷物を減らしておきましょう。また、この作業は流行りの断捨離にも繋がります。
 

荷物の量によっては宅配便を利用する

荷物が少なく、大型の家具や家電がない場合は、引越し業者に依頼するのではなく、宅配便を利用する方法もあります。段ボールが数個程度であれば、宅配便の方が安くなります。
 

引越しだからと言って、引越し業者にこだわる必要もありません、上手に使分けて安く簡単に済ませる事も可能です。
 

オプションを見直す

引越し作業において、基本の荷物の積み下ろしなどの他の細かい作業は、オプションになります。
 

最近の引越し作業のオプションは非常に便利で、正に「痒い所に手が届く」状態です。お年寄りや女性の一人暮らしでも安心の作業のオプションもあります。
 

ですが、オプションはサービスではありません。オプションをたくさん付けると、それだけ料金はプラスされます。オプションは本当に必要なものかどうか見極めて、絞り込むようにすると引越し料金も抑えられます。
 

一括見積もりを取って比べる

引越しが決まったら、引越しをする1ヵ月前くらいまでには「見積もり」を取り始めます。その時、見積もりは1社だけではなく、数社取って下さい。見積もりをいくつか取れば、
 

  • おおよその引越し費用が分かる
  • 各引越し業者の料金やサービスが分かる
  • 引越し業者の比較ができる
  • 交渉しやすくなる

 

などのメリットが多いので、絶対に必要です。ですが、仕事や家事の忙しい合間を縫って、数社の見積もりを取るのは簡単ではありません。そこで活躍するのが「一括見積もり」のサイトです。

一括見積もりサイトの中には、まとめて10社まで取れるものもあるため、好評です。サイトに必要事項を入力すれば、通常その日のうちか次の日くらいには、各業者から連絡があります。

一括見積もりは比較対象にも便利ですし、是非ご利用下さい。

 

3月~4月以外の引越し業界が忙しい時期

引越し業界が繁忙期は、3月~4月ですが、その他にも忙しい時期はあります。
 

  • 夏休み
  • ゴールデンウイーク
  • シルバーウイーク
  • 冬休み
  • 年末

 

などが挙げられます。この時期は、主にお子さんの長期の休みや連休である事が忙しくなる要因です。これらの間も引越しが集中するので料金は割高になります。
 

また、2月の下旬から既に忙しくなる引越し業者もあります。2月に引越しを計画しているなら、上旬や中旬など早めに済ませましょう。
 

まとめ

繁忙期に引越し料金が高くなるのは避けられない事実です。ですが、その繁忙期の中でも人気のある日にちをずらしたり、比較的余裕のある日を選ぶ事で安く、予約が取りやすくなります。
 

繁忙期の時期の引越しは、まず一括見積もりを取って比べるところから始めてみて下さい。