母子手帳

もし、妊娠中に引越しが決まったら、ママは大忙しになります。
 

赤ちゃんを安心して産むために必要な母子手帳の手続きは必要なのでしょうか?
 

今回は、引越しに伴う母子手帳の手続きや里帰り出産の場合の手続きなども含めてご紹介します。

引越ししたら母子手帳の手続きは?

母子手帳はそのままでOK

母子手帳は妊娠したら、住民票がある自治体に届け出をして発行してもらいます。自治体によっては、病院の証明が必要な場合もあります。
 

もし、妊娠中に引越しが決まったら母子手帳はどうなってしまうのか、何か必要な手続きがあるのか心配になります。
 

引越ししても母子手帳に関する手続きは必要ありません。なぜなら、母子手帳に記載されている内容に大きな差がないからです。
 

引越し先で新しい病院へ行った時に、新住所の記載された身分証明書を提示すれば、母子手帳の住所が違っていても問題ないので安心して下さい。

妊婦一般健康診査受診票は手続きが必要

母子手帳は交換や変更手続きは必要ありませんが、母子手帳と一緒に渡される「妊婦一般健康診査受診票」は新しい自治体では使用出来ないので、変更の必要があります。
 

妊婦一般健康診査受診票とは?

これは、「妊婦健康診査受診票」などいろいろな呼び方がされますが、一般には簡単に「補助券」と言われています。
 

これは、妊婦さんが定期的に受ける「妊婦健診」の費用の一部を自治体が負担するため補助券です。
 

つまり、これがあれば基本全額自己負担の妊婦健診が安く受けられる事になります。ですから、補助券がないと自己負担が増えてしまいます。
 

引越ししたら、新しい自治体で手続きをすれば、新しく交付してもらえます。
 

方法

  • 場所
  • 各自治体窓口(市区町村役所、保健センターなど)

 

  • 料金
  • 無料

 

  • 必要な物
  • 母子手帳
  • 前の自治体の未使用の補助券
  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証、保険証など)

 

  • 期限

早めに交換しないと補助が受けられない場合もあるため、引っ越ししたら速やかに手続きを行って下さい。
 

補助は自治体で差がある

1つ注意して頂きたのは、各自治体によって補助の中身には差があります。ですから、前の自治体より補助が手厚くない事もあるため、そこはあきらめるほかないです。

代理人でも手続きは可能?

妊婦さんは体調がすぐれない時もあります。そのため、補助券の交換は代理人でも可能な自治体もあります
 

その際には、必要な書類の他に「委任状」や「代理人の本人確認書類」「妊婦さんの本人確認書類」などが必要な場合があるため、あらかじめ確認しておきましょう。
 

また、代理人はなれない方もいるので合わせて確認して下さい。

手続きを忘れたらどうなるの?

手続きを忘れた場合は、補助は受けられません。妊婦健診は妊娠が進めば回数も増えてきます。
 

手続きをしないままだと、そのたびに自分で全額払わなければなりません。そうなると、負担金はかなりの額になります。
 

引越しが済んだら、他の手続きと同様に早めに交換手続きを行って下さい。

引越しで母子手帳を失くしたらどうするの?

母子手帳は再交付可能

母子手帳は妊婦さんや赤ちゃんの状態を記した、非常に大切な物です。
 

ですが、慌ただしい引っ越しの中で紛失してしまう方もいるかもしれません。その場合は、再発が可能です。
 

各自治体の窓口で、「母子健康手帳再交付申請書」を提出すれば、新しい母子手帳を無料で再交付してくれます。
 

また、今までの記録はなくなってしまうので、自分で記入する必要があります。もし、出産後であれば、重要なのは「予防接種の記録」や「出産時の記録」です。

 
病院は過去5年間のカルテを保存しているため、問い合わせてみて下さい。
 

再発行は出来ますが、母子手帳に乗っている記録は、ママにも赤ちゃんにも貴重なものばかりです。まずは、引越しの際には母子手帳は失くさないように心掛ける事が1番大切です。
 

補助券は再交付不可能

補助券は母子手帳とは違って、基本的に再交付出来ません。失くしたらその後の妊婦健診は全額自己負担になります。ですから、絶対に紛失しないように注意して下さい。

里帰り出産の場合は?

里帰り出産の場合は、母子手帳はそのまま使用できます。ですが、補助券はその自治体に住んでいる妊婦さんに発行される物です。
 

里帰り出産の妊婦さんは引越ししてくる訳ではないため、補助券の交換はしてくれません。ですから、妊婦健診は全額自己負担になります。
 

残った補助券は現金に出来る

里帰り出産などで残ってしまった補助券は、現金化してくれる自治体もあります。現金化には、6ヵ月や1年など期限が設けられています。
 

全ての自治体が行っているとは限らないため、事前に確認して下さい。出産してもう必要ないと思って処分してしまうのはもったいないので、捨てずにとっておきましょう。

事前の確認で負担を軽減する

母子手帳や補助券だけに限った事ではありませんが、引越しに関する手続きは自治体によって差があります。必要な書類などにも違いがあります。
 

妊婦さんはただでさえ体調に変化が起こりやすいので、何度も役所などに通う事がないように、あらかじめ電話などで確認してまとめて手続きを行って負担を減らして下さい。

まとめ

引っ越しに伴う母子手帳の手続きは必要ありませんが、補助券に関しては注意が必要です。
 

知らないとかなり損してしまう可能性も高いので、引っ越し前に必ず確認して下さい。
 

また、妊婦さんの引越しは大変です。心身の負担にならないように、周りの助けを借りるようにして慎重に安全に行って下さい。
 
参考記事:引越し見積もりをするタイミングは?|いつからできるの?
参考記事:引越しするなら見積もりは必ず取る!見積もりが安くなる9つの方法